老化のメカニズム。原因が分かれば若さは保てるのか?!

美容・健康

不老不死は、古来より人の「究極の望み」ではありますが、老化とはそもそもどういう具合のことを指すのでしょうか? 阻止することは不可能でも少しは遅らせることはできるのでしょうか?

健康寿命という言葉あります。歳をとるならただ長生きするだけでなく健やかに過ごせる期間を延ばしたいですね。

今回は「老化」のメカニズムに着目し、少しでも長く若さを保てる方法を探ってみました。

日常生活に気を付けて、いつまでも健やかに暮らしましょう。

糖化と酸化

酸素も糖も生きていく身体に必要なものですが、歳を取ると代謝が悪くなり、酸化も糖化もすすみます。

酸化とは体が錆びることです。体内の活性酸素が細胞にダメージを与え、病気の原因となります。

糖化は血中にブドウ糖が多くなる状態で、ブドウ糖はたんぱく質と結合してAGEという物質になります。AGEは歳をとると体内に溜まり、これも活性酸素を増やす原因ともなります。

この酸化と糖化が体を劣化させ、病気や加齢による不調、容姿の衰えを招きます。

AGEはシミしわの原因

身体の糖化が発生させる物質AGEはシミやしわの原因になるともいわれています。肌がくすんでくるのもAGEのしわざです。糖化は美容の大敵ともいえます。

若さを保つには抗酸化と抗糖化

したがって、若さを維持するには酸化と糖化を防ぐことが大切です。

抗酸化を防ぐためには活性酸素を増やさないようにしましょう。

運動は何歳になっても必要ですが、歳をとると激しい運動は控えたほうが良いでしょう。活性酸素を増やすもとになります。

糖化を防ぐには糖質の接種を減らすのが一番です。

市販の飲み物や食べ物には感じるより多くの糖分が含まれていることがあります。飲食店、コンビニ、自動販売機の食べ物、飲み物を愛用している人は、ほどほどにしましょう。

糖質制限は体にいいの?

糖質を減らすといえば最近はやりの「糖質制限」は体に良いのでしょうか?「糖質制限」とは「コメ・パン・麺」などの炭水化物を減らす食事法です。

行き過ぎた糖質制限では炭水化物を一切食べないこともあるしょうですが、老化を抑えるという意味ではあまりおすすめできません。

炭水化物も必要な栄養素です。普段食べ過ぎを気にしているようであれば、それらを控えるのも健康のためになりますが、ダイエット目的で極端に減らしてしまうのはよくありません。

まんべんなく食べるのが一番

歳をとると若いころと同じ量の栄養素は必要ありませんが、かといって食べなくて良い栄養素があるわけではありません。どの栄養素も必要量が減りこそすれ必要です。高齢者の栄養不足が問題になることもあります。

ですので、事故判断で、炭水化物を抜いたり、お肉を食べるのをやめたりするのは間違いです。

また「空腹」を感じるほうが酸化や糖化を防ぐともいわれています。食事前はおなかがすくようにしましょう。

まとめ

激しくなくリラックスできる程度の運動と、バランスの良い食事をとりましょう。またストレスも活性酸素を増やす要因です。ストレスフリーな毎日を送れるように趣味や楽しみを見つけてくださいね。