帽子、スリッパ、ぬいぐるみ 小物の洗い方

住まい・家事

洗濯機にポイと放り込めないものの洗濯ってどうしていますか? 手洗いは正しくできていますか? 家の中を探すと「今まで一度もあらったことのないもの」がいくつか出てくるかもしれませんね。

ここでは洗濯しにくい小物の洗い方をまとめました。正しく洗わないと汚れが取れないどころが品質を劣化させてしまいます。ポイントを押さえてきれいな状態を長持ちさせましょう。

帽子

帽子と一口にいっても素材によって「全く違うモノ」なので、洗濯は素材を見き分けることが肝心です。

麦わら帽子やフェルト帽などは水洗いはせず、ほこりを払うようにします。汚れた部分はぬれタオルでたたくとよいでしょう。

キャップはつばを崩さないように手洗いします。中性洗剤を薄めた液を作り、洗濯ブラシなどで丁寧にあらいます。綿や化繊の帽子も同様です。

干すときは形を崩さないように気を付けましょう。

ゆすいだ直後にそのまま干すと水の重みで形が崩れやすくなりますし、真夏でもなければなかなか乾きませんね。乾いたタオルで水分を吸い取ってから干します。

玄関マット、ラグ

水洗い可のものはお風呂で踏み洗いしましょう。

中性洗剤を使って汚れを落としたら日陰に干します。

水洗い不可のものはクリーニングに出すか、カーペット専用のクリーナーを使って汚れを落とします。

マフラー、ニット帽

ベンジンでふき取ります。ベンジンはドラッグストアに売られています。

ベンジンが渇いたあと、ふわりとさせたい場合はスチームアイロンをかけると良いでしょう。

しまうときはスチームの熱や水分が十分に飛んでからにしてください。

ぬいぐるみ

まず掃除機でホコリやダニを吸い取ります。
強く吸われて顔がひきつれたいるすので「かわいそう~」と言う持ち主のいないところで行うのが吉です。
あまり強く吸うとゆがみがもどらなくなるのでほどほどに。
洗濯機の「手洗いコース」でも洗えますが、これも「かわいそう」な場合は、帽子と同じように中性洗剤で手洗いしてください。

ダニ退治のためにもぬいぐるみは直射日光を当てて干すのが良いでしょう。

スニーカー 靴

スニーカー用の洗剤が売られています。それで洗うと良いでしょう。足先など狭いところは歯ブラシで洗います。
地面に接するゴムの部分はクレンザーで洗うとよく落ちます。

干すときは立てかけて干します。

スリッパ

水洗い可であれば、ネットに入れて洗濯機の手洗いコースで洗います。

芯が「紙」でできているスリッパは、濡らしたタオルや洗剤を付けたブラシなどで表面を洗いましょう。

まとめ

洗濯は「布地が痛む一番の原因」ともいわれています。

ゴシゴシこするのは厳禁です。布地をいたわるようにやさしく洗ってくださいね。