家の中のイヤな匂いを消す方法

住まい・家事

綺麗に掃除をしたつもりでもなぜかにおいだけが残ってすっきりしない、ということがありますよね。また外出から帰宅したときイヤな匂いがしたら、お客さんを呼ぶのもためらってしまいますね。

今回は家の中のイヤな匂いを消す方法を匂いの発生場所ごとにまとめてみました。長年染みついた匂いは、すぐに落ちないこともありますが、根気よく続けてみてくださいね。

玄関・下駄箱

足は汗をかきやすい場所なので、ぬいだばかりの靴は湿っています。それをすぐに下駄箱になおすとカビのもとになります。靴の中音匂いの原因にもなり、それが下駄箱にこもると、玄関周辺が臭くなります。

靴を収納する場合は、靴の汚れを落とす、乾燥させる、を忘れないようにしましょう。

下駄箱が汚れないようにし、玄関・下駄箱専用の脱臭剤を置いてください。

新聞紙は湿気を吸い取るので、濡れた靴の中に丸めていれたり、下駄箱の底に敷いてこまめに交換すると良いでしょう。

トイレ

トレイの匂いの一番の原因は飛び散った尿です。
洋式トイレの場合男性には座って用を足してもらうようにすると飛び散りは減ります。

そしてこまめにふき取りましょう。トイレットペーパーに吹きかける洗剤や、アルコールなどが売られています。

便器の「細かく入り組んだ部分」は汚れが取りにくい場所なので、できる人は定期的に便座やふたを取り外して洗うと良いでしょう。

キッチン

キッチンではシンクや生ごみホルダー三角コーナーなどが匂いの発生場所になります。三角コーナーや排水口の受け皿などはこまめに洗いましょう。

水分があると雑菌が繁殖して匂いが出るので、生ごみも乾燥させられると良いのですが、なかなかむずかしいですね。

毎回新聞紙で包んで捨てるなどして、できるだけ水分を除去しましょう。

柑橘類の皮、コーヒーの絞りカスなどは消臭効果があります。生ごみと一緒にいれておくと匂いは軽減します。

ペット

ペットを飼っていて匂いが気になる場合は、トイレをこまめに掃除するか、トイレに屋根を付けてみましょう。

販の消臭剤の中にはペットの健康を損なうものがあるので、ペットを飼っているおうちの室内消臭剤は必ず「ペット用、ペット可」のものを使用してください。

室内

子ども部屋などが匂う場合は、汚れた衣服や飲食物を放置している可能性が高いです。少しでも水分を含んでいるものは雑菌の発生源となるので、長時間放置しないようにしましょう。

布団を長い間干しておらず湿気が溜まっているのもよくありません
。布団をめくるとカビが生えていることもあります。カビも悪臭の原因となります。

こまめに空気を入れ替え、湿気をとるようにしてください。

まとめ

冬、寒いからといって換気をしないのはよくありません。

換気と乾燥を心がけて匂いの原因となるものを長く置かないようにしましょう。