はじめての個人型確定拠出年金。IDeCoって何?

お金

自分で選んだ金融商品を毎月積み立て、老後に活用できる制度です。60歳までは引き出せないので、確実に貯めることができます。

しかし、どこでどうやって始めるか知っていますか?

今回は個人型確定拠出年金のキホンをまとめました。うまくいけばお金が増える可能性もあります。上手に利用して安心した老後を送りたいですね。

お得なの?

個人型確定拠出年金の最大の特徴は税金の控除があることです。掛け金の合計額が所得から差し引かれ、その分翌年の所得税と住民税が安くなります。また選んだ商品によっては運用益が発生することもあります。

上限はあるの?

毎月の掛け金には上限があります。
自営業か公務員、専業主婦、会社員など働き方によって金額が変わります。

企業によっては企業型確定拠出年金があったり、企業年金制度によって掛け金の上限額が変わるので会社員の場合は会社に確認したほうがよいでしょう。

個人型確定拠出年金の始め方

申し込むのは金融機関です。銀行、証券会社などでインターネットで申し込むことも可能です。

一つの銀行、証券会社の中にも投資信託など複数の商品があります。

いくつかの商品を組み合わせることもできるのでよく考えて選びましょう。

金融機関の選び方

個人型確定拠出年金には口座管理手数料がかかります。

大手銀行では月500円前後ですが、インターネット専門の会社ならもう少し安くなります。

また投資信託の中には信託報酬がかかるものがあります。

口座開設

なるべく長く続けられるように無理のない金額を決めたら、口座を開設します。

会社員の場合、申込用紙の中に勤務先に記入してもらう箇所があるので、会社にお願いしてください。口座が開設されてから商品を選びます。

商品の選び方

商品は、保険、定期預金、投資信託の中から選べます。

二つ選んで50%ずつにすることも可能です。

積極的な投資に関心があるなら投資信託を選ぶとよいでしょう。バランス型投信といって、それ自体が国内外の株・債券に分散されています。

注意点

個人型確定拠出年金で利用できる金融機関は1か所だけです。

変更もできますが、年に1回と決まっており、積み立てたお金は一旦普通預金に戻されます。

失業するなどで、積み立てるのが厳しくなったときには積み立てをやめることはできますが、60歳まで引き出せない上、口座管理料は毎月かかります。

受け取り方

60歳以降に受け取ることができますが、一時金でもらうか、毎月一定の額ずつもらうかどちらかの方法を選びます。
併用することも可能です。

投資信託を積み立ていて60歳時に元本割れしていたら、70歳までは受け取りを保留できるので、商品価格が上がるまで様子をみましょう。

 

まとめ

老後のために、コツコツ貯金をしようと思っても、引き出し自由だといつか使いたくなってしまうかもしれませんね。

その点、引き出せない個人型確定拠出年金は将来の備えにはピッタリです。

最初の手続きさえクリアしたらあとは自動で引き落としてくれるので楽です。将来のために何かはじめたいと思っているならぜひご検討ください。