浴室のお掃除は場所ごとに分ければ簡単!

住まい・家事

お風呂掃除って面倒ですよね。明日でいいかと一日一日先延ばしにしているうちに、汚れはどんどん取れにくくなって掃除がますます大変になってきます。

上手にお掃除しておけば、汚れもカビもつきにくく日々のお手入れは簡単になります。

まずはしっかり汚れを落としましょう!

掃除の順序

掃除は上から下へが基本です。
せっかく掃除してもまた上から汚れが落ちてきては台無しですよね。

天井と換気扇を一番最初に掃除し、次に壁、窓、扉、その次に浴槽、次に床、鏡、次に蛇口やシャワー、ふろおけ、イスなどを洗い最後が排水口です。

一度に全部掃除できないなら、この順序で前半、後半に分けるなどしてください。

天井

天井や換気扇は洗剤を含ませた布でふきます。その際洗剤が垂れてこないように固くしぼってください。それでも心配な場合は眼鏡やゴーグルをつけましょう。

カビが生えている場合は、漂白剤を薄めて塗布してください。
その後カビが生えにくくなるようにエタノールを含ませた布でふいておきます。

換気扇のはずせるパーツは外して水洗いをてください。

窓、扉、壁

まずほこりを取ります。水気がない状態なら、割りばしや歯ブラシでこそげとったあと、掃除で吸い取ってもよいでしょう。

細かい部分は歯ブラシで洗います。

広い部分は浴室用洗剤で洗いましょう。

カビは漂白剤を薄めてぬりますが、落ちにくい場合は、漂白剤と片栗粉をまぜたものをぬりつけてしばらく時間を置くとよいでしょう。
乾燥をふせぐために上からサランラップをかけておくと効果倍増です。

浴槽

壁をめったにあらわないおうちでも浴槽だけは入るたびに洗っていると思うので、一番汚れが少ない場所かと思われます。

普段通り浴室用洗剤で洗うと良いでしょう。
水垢が落ちにくい場合は、クエン酸水を吹き付けると落ちやすくなります。

床、鏡、シャワー

小物も浴室用洗剤で洗い、カビがついている場合は、漂白剤で落とします。鏡は濡らした新聞紙でふくときれいになります。

半年に地位度はシャワーヘッドを外してクエン酸水につけると水垢が落とせます。

濡れているとカビが発生しやすいので、毎回お風呂に入るたびに小物の水けを落としてから出るようにすると、カビはつきにくくなります。

お風呂のふたも洗うのが大変なものの一つですが、凹凸のある専用のブラシを使ったりして効率よく洗いましょう。

排水口

できれば毎日、最低でも週に一度は髪の毛などの汚れを取ります。
もし掃除をおこたってパイプがつまりそうなときは、パイプ用洗剤を使ってください。

排水溝の入口をすっぽり覆うネットも売られています。水が詰まるもとになるので、

まとめ

お風呂場で意外に活躍するのは歯磨き粉です。
歯磨き粉には研磨成分が入っていますが、人体に使うものなので、掃除用研磨剤よりはソフトです。汚れを落としたいけれど、素材が痛むのが心配……という部分には歯磨き粉を使ってみてください。