夢の自動運転、実用化はいつ? 現状と課題

生活

車の中で寝ていても目的地に到着する、SFのような完全自動運転は憧れますね。

たまの外出でドライブするなら運転も楽しいものですが、通勤など毎日決まった道を往復するだけなら早く機械にやってもらいものです。

でも、そんな夢のような話が実現する日は本当にやってくるのでしょうか?

誰でも乗れるようになるのでしょうか?

今回はそんな自動運転にまつわる気になるポイントをまとめてみました。

自動運転のレベル

一口に自動運転といってもその内容はさまざまで段階によって5つのレベルに分けられています。

現在のドライバーがすべての操作をする運転が「レベル0」です。

レベル1はスピードや方向など運転の一部分を機械が担うもので、自動ブレーキなどがこれにあたります。

レベル2は自動ブレーキなど複数の自動運転システムを組み合わせて、一時的に運転を自動化するものです。高速道路などで使用できますが、まだ運転はドライバーが主体で、ハンドルから手を長時間離すことはできません。

レベル3は、高速道路上など安定した走行時のみに限定されますが、ドライバーが運転しなくてもよい段階です。自動運転が難しい状況時のみドライバーが操作します。

レベル4は、レベル3同様、運転に適した状況下のみですが、完全に運転手が必要のない段階です。高速道路上を走るバスやタクシーなどが無人で運行できます。

レベル5は一般道も含めて運転手が不要な段階です。信号や道路わきを通行する歩行者や自転車など実現に向けての課題はたくさんあります。

いつ乗れるの? 自動運転

レベル1の「自動ブレーキ機能」などであれば、もう乗っている人も多いでしょう。また高級車ではACC(車間距離をとりながら前の車についていく)や車線からのはみだしを防ぐ機能など複数の自動システムがついている車もあります。ですのでお金があればレベル2~の車に乗ることが可能です。

レベル3以上は、運転責任が人間からシステムに変わるため技術面以外の問題もでてきます。

日本政府は2020年のレベル3実現を目指しています。

課題

完全自動運転への課題は複数ありますが、まずは法律の問題です。

現在の道路交通法では、運転者はハンドルから手を離してはいけないことになっています。

ましてや運転者不在の自動車なんて想定されていません。自動運転を想定した法整備が必要です。

また、責任区分の問題があります。レベル3以降は運転の責任が人からシステムになりますが、事故が起こったとき誰もがそれに納得するでしょうか?

自分が車とぶつかってけがをしたとき「システムのせい、メーカーのせい」といって、中に乗っている人が謝りもせず笑っていても不快に思わずにいられますか?

我々人間の意識も変わっていかなければいけないかもしれません。

次に価格です。完全自動運転ができたとして、それが超高級車だったら、本当に必要なお年寄りや生活弱者がその恩恵にあずかることができません。普及しやすい価格になることも必要です。

まとめ

ボタンを押すだけで目的地につく、夢のような自動運転、技術的にはかなり近づいているようです。

でも一般社会での普及にはまだしばらく時間がかかりそうですが、アシスト機能が充実するだけでも運転はだいぶ楽になりますよね。

リーズナブルな価格でそういったシステムが普及してくれることを願います。