食費が増えない!減る人の習慣は?

住まい・家事

生きていく限りゼロにできない「食費」。できるだけ少なく済ませたいものです。といって栄養が偏ったり、空腹感にさいなまれるのは嫌ですね。

安くすませるために、スーパーの底値を探しまわったり、たくさんの時間がかかるというのも考え物ですよね。外で働いているなら、朝一番にスーパーのチラシをチェックするのも大変です。

今回は時間をかけずに食費を低いまま維持する方法をまとめてみました。できそうなことから取り入れて、少しずつでも低額食費を目指しましょう。

買い物に行く日を決める。

すでに実践していますか? 簡単で最も効果の高い方法です。
よく買い物にお店も肉が安い、野菜が安いといった特徴があるでしょう。
行く場所と曜日によって献立を決めてしまうのも一案です。
週に1度、2度、買い物に行く曜日と場所を決め、曜日ごとに魚料理の日、牛肉料理の日、鶏肉料理の日、野菜中心、麺、などと決めて置けば、食材を無駄にしない上に、献立を考える苦労が半減します。

安い食材でかさを増やす

ハンバーグなど外国産のひき肉を使うとかなり安く作ることができますが、お肉は国産にこだわっている家庭もおおいでしょうし、家族が多かったり、育ちだかりの子どもがいる家庭ではひき肉といえどもその費用はバカになりません。

そこで、おすすめなのが安い食材をプラスしてかさ増しする方法です。

ハンバーグなら豆腐、おから、もやし、きのこ類などがおすすめです。焼きそばももやしをプラスするとボリュームアップする上おいしいので一石二鳥です。

冷凍マスターになる

買い物に行く回数を減らすには「食材の冷凍術に長ける」のは不可欠なスキルです。

一気に買って、買ってきたその日に下処理をして冷凍しましょう。
小分けに切るもの、下味をつけてから冷凍するものなど、食材ごとに適した冷凍方法を選んでください。

ただどうしても性に合わず、食材をダメにしてしまう場合は、すっぱりやめてしまう方が節約になります。

自分に合っているか見極めてくださいね。

野菜は漬物にする

冷蔵庫で保存するぬか漬けパックなら残った野菜をすぐにぬか漬けにできます。

それすら面倒な場合は、塩もみして冷やしておくだけでも1日2日はおいしく食べられる日数を伸ばすことができます。

まとめ

こころがけるべきことは「買ったものは無駄にしない」です。食材を腐られるのが一番の無駄です。

ましてやそれが、何件もスーパーを回ってGETした食材なら、時間をも無駄にしたことになります。あなたの時間とお金を無駄にしないように必要なものを買う、買ったものは絶対に口に入れる!を心掛けましょう。