住宅の防犯対策、ポイントは窓!カメラや最新グッズをご紹介

住まい・家事

自分の家がどれくらい泥棒に入られない家か知っていますか?「うちに金目のものはおいてないから」といって油断はできません。 空き巣が狙うのは高級住宅街ばかりではなく、防犯意識の低い家が格好の餌食となるのです。

今回は住宅の防犯について一番重要な「窓」を中心にまとめました。

泥棒は、侵入に5分以上かかると入るのをあきらめて逃げるといわれています。侵入されにくい家を目指しましょう。

侵入を防ぐ

警視庁の調べによると住宅への侵入犯の60%が「窓から侵入」しているそうです。

玄関は開けていて人目に付きやすいですが、窓は塀などに囲われて見えなくなっているところが多いですね。

ですので窓まわりを強化しておくと、泥棒の侵入をふせぎやすくなります。

防犯フィルム

新しく家を建てる場合は防犯用のガラスを使うのが良いでしょう。割れにくく泥棒にはそれとすぐに分かるので一目で「防犯意識の高い家だ」と判断され、無駄に侵入を試みることもないはずです。

今あるガラスを防犯用のガラスにつけかえるのも良いですが、それなりに費用がかかります。

また強化ガラスとひとくちにいっても値段によって強度はさまざまで、安いものに防犯効果はありません(災害時に破片が飛び散りにくいなど防災効果があります)。

手軽に防犯に取り組むなら、今あるガラス窓に防犯フィルムを張り付けるのが良いでしょう。

フォルムも値段によって強度が違いますし、全面にはるもの錠周りにだけはるものなどさまざまです。

鍵の強化

人が出入りできる大きさの窓には左右の窓の間にクレセント錠が一つついているのが基本です。

古いクレセント錠になりますと、窓をゆすっているだけで開いてしまうことがあります。クレセント錠を簡単に開けられないようにしましょう。

それにはクレセント錠自体を強くする方法と、別にカギを増やす方法があります。

クレセント錠には「鍵つき」のものがあり、それに付け替えるとカギで開閉を固定することができます。また今ついているクレセント錠にカギ付きカバーをかぶせる方法もあります。

別にカギを増やす方法は、サッシやサッシのレールにカギを取り付けます。

レールに置くタイプは、途中で止めることもできるので、「風がはいる隙間だけ開けたいけれど、それ以上は開かないようにしたい」という使い方もできます。

アラームの設置

泥棒は大きな音を嫌がるので、窓ガラスに取り付けて大きな衝撃を受けたときに警報がなるアラームや、サッシの下部につけスイッチをいれ、窓が開けられたら鳴るアラームをつけるのも効果的です。

格子の取り付け

人が侵入できそうな窓に格子を取り付けるのもおすすめです。現在ある格子を外れにくくしたり、さらに隙間を細かくするような後付け格子も売られています。

ただし、ねじなどでがっちり固定するタイプのものは、火災などの際内側から外に出ることもできにくくなります。

いざというとき、まどから出入りできる余地を残したい場合、閉所恐怖症の家族がいる家庭では、内側から外れる格子などを検討してください。

まとめ

後から取り付けるタイプのものは消耗品でるので、一定期間が経てば性能も落ちます。定期的に買い替えるほうが良いので、購入時期などをメモした防犯用ノートを作り、継続的に防犯意識を維持、家族で共有するようにしましょう。