家の中、掃除しにくいところBEST7!

住まい・家事

家の中で掃除しにくいところってありますよね。
億劫だからと放置しておくと、汚れが落ちにくくなり、一層掃除がしにくくなります。

今回は、掃除のしにくいところを楽に掃除する方法をまとめました。下記の方法プラス、好きな音楽を聴きながら掃除する、など自分が楽しめる方法を加えてくださいね。

お風呂の天井

お風呂場の天井は放置しておくとホコリつきカビが発生して落ちにくくあります。

汚れを落とすには直接拭くしかないのですが、手の届かないところを掃除するのは一苦労ですね。
脚立に乗るより、柄の長いスポンジを使ったほうが手軽です。

できれば伸び縮みする柄で先端にスポンジかブラシのついているものを選びましょう。洗剤が垂れてこないように、洗剤は泡やジェル状のもが良いでしょう。

換気扇は外せるものは外して水洗いできるものは洗ってしまいましょう。カバーなどは薬剤につけておくと簡単に汚れがおちます。

洗濯機

洗濯機の浴槽は、専用の洗剤があり、入れて洗濯機を回すだけでいいので楽なのですが、問題は、洗濯機の中、浴槽のフチや、洗濯機の周囲、排水管の周りなどは気がつけばホコリが固まって真っ黒になっていますね。

このあたりも汚れが定着するためにこまめに掃除したいものですね。

水よりお湯のほうが汚れが取れやすいです。

軍手を一つ掃除用におろして2枚重ねにつけ、それを両手にはめてグイグイホコリをとってしまう方法もおすすめです。

トイレ

毎日掃除していても、においや汚れが気になるトイレ、毎日掃除しているからこそ。おろそかになっている部分があるかもしれません。定期的にしっかり掃除する時間をとりましょう。

しっかり汚れを落とすときは、外せるものは外して洗うと効果的です。

便座カバーも外すことができます。また脱臭機能のついてる便器には脱臭フィルターがついています、それも外して洗えるのでしっかり洗いましょう。

網戸

網戸は掃除機でホコリを吸うと良いのですが、そのままでは空気が抜けてしまい、うまくとれません。

反対側に新聞紙をあててとると取れやすくなります。
その後水拭きするときれいになります。

換気扇

換気扇は洗いたくないモノランキングがあればかなり上位に入るのではないでしょうか?
簡単に洗う一番良いほうほうはつけ置きです。
カバーやファンなど取り外せるものは外して洗剤や重曹を溶かしたお湯に2時間ほどつけましょう。そのとき、大型のゴミ箱・ポリバケツを使うとしっかり上部までつかります。

つけ置きのよいところは、スポンジやブラシの届かない細かいところまでしっかり汚れが落とせることです。洗い流したあと、気になる部分はこすり洗いしてください。

魚焼きグリル

最近は、魚焼きプレートも多く出回っています。
また、食材がくっつかないようなシートもあります。まずはそれらを駆使して、汚れが付きにくい方法を試してみてください。でも「やっぱり余分な脂や水分はさっぱり落としたい」という家庭はどんどん魚焼きグリルを使っちゃいましょう。
使ってこその道具です。
その際、受け皿に、片栗粉を溶かした水を張っておくと、熱で水分が蒸発し、汚れを吸着した片栗粉がシート状になります。

それをはがして捨てれば後片付けも楽ちんです。
網や扉など外せるものは換気扇と同じようにつけ置き洗いをしましょう。

パソコン

これは掃除しにくいというより、掃除をわすれがちなところです。

とくにデスクトップPCは定期的に中をあけてたまったホコリを取るかどうかで、耐久年数が各団員違ってきます。

できれば半年に一回は掃除するようにしてください。
ノートパソコン、DVDレコーダーなど通気口がある機種はその部分のホコリをこまめにとるようにしましょう。

 

まとめ

掃除をしない言い訳に「部屋が汚くても死なない」という言葉がありますが、電気製品にホコリが溜まると火事の原因になります。

掃除をしないと命の危険にかかわることもあるのです。
また掃除をすることによって家や電化製品の劣化に気づくこともあります。やはりこまめな掃除は大切ですね。