ポイントも貯まる。いまこそブランドデビットカードを作ろう

お金

子マネーやおサイフケータイなど、紙幣や通貨以外のお金がいろいろある昨今ですが中でも「デビットカード」の利用が増えているようです。

人気があるのはクレジットカードいと同じ加盟店で使える「ブランドデビットカード」で、クレジットカードのような審査がないにもかかわらず、クレジットカードと同じように使えるカードです。

今回は、今人気の「ブランドデビットカード」についてまとめました。クレジットカードとの違いを理解して使い分ければ、節約や貯金のプラスになるでしょう。

ブランドデビットカード

デビットカードは銀行口座直結のカードで、使った額が直接銀行口座から引き落とされます。

ブランドデビットはVISAやJCBなどのクレジットカードが使える加盟店で、クレジットカードと同じように支払いに使えるカードです。

大手銀行、ネット銀行などで発行されています。
VisaやJCBなどのマークがないデビットカードはジェイデビットカードで使える場所は限られてくるので、今から作るなクレジット会社のマークが入ったブランドデビットカードを選びましょう。

ブランドデビットカードのメリット

現金の手持ちがなくてもクレジットカードと同じように使うことができ、引き落としは即時なので、クレジットカードのように翌月に合計され引き落とされることがないので預金の管理がしやすいのが特徴です。
またクレジットカードのような審査もなく、銀行口座さえあれば作ることができます。

クレジットカードよりはポイント額は下がりますが、それでも何もつかない現金よりはお得です。

ブランドデビットカードのデメリット

ポイント還元率がクレジットカードよりは低くなります。
また銀行口座の残高から直接引き落とされるだけなので、分割払いやリボ払いなどの機能はありませんしETCカードも作れません。
もちろん残高以上の買い物はできません。

それぞれの特徴

各銀行によって、特典やカード維持費に違いがあります。

例えばソニーバンクでは通常の「Sony Bank WALLE」は無料で持てますが「高島屋プラチナデビットカード」は年会費が3万円かかります。

ジャパンネット銀行のデビットカードはネット通販で安心の「仮想カード」を4つまで発行することができます。これは決済後すぐに停止すれば、誰かに盗まれる心配がありません。

みずほ銀行では「スマホデビット決済」があります。
Andorid機だけですが、スマートフォンをかざすだけで決済できます。

まとめ

クレジットカードだとついつい使いすぎてしまうこともありますが、毎月一定額だけ残してある口座を作り、その口座のデビットカードを作れば、毎月一定額以上の無駄遣いはしたくてもできなくなります。
デビットカードは15歳から作れるので高校生のお小遣い管理にもおすすめです。