知りたい汁物レシピ!おすすめ郷土汁

料理・レシピ

汁物はその土地の個性がよくあらわれる料理です。
その種類はそれこそご当地の数だけあり数え切れません。

また毎日の食卓に汁物が欠かせないという家庭も多いですね。
毎日作っていると味噌汁も具や味噌を変えたとしてもなんとなくマンネリ化を感じてしまうときがあります。そこで今回は、すぐ真似したくなる郷土汁を集めました。

もし近くのスーパーに同じ食材がなかったら、あなたのご当地の食材を使ってください。
もしかしたら本家よりおいしくなるかもしれませんよ。そうやって積極的にアレンジするのも庶民の味の魅力です。

いも煮

山形県の郷土汁、いも煮は河原に人が集まって楽しむ山形名物の一つです。
いもはさといもを用います。さといも、こんにゃく、キノコ類など牛肉が主な具です。下準備した具材をだし汁で煮て、しょうゆと酒で味付けします。

だご汁

熊本の郷土汁です。だご汁のだごは団子のことで、ここでは小麦粉を使って作ります。味は地域によって味噌味、しょうゆ味があるようです。野菜も好きな野菜でOKです。

だんごは小麦粉にぬるま湯を少しずつ入れ、耳たぶくらいの硬さになったら丸めて作ります。

のっぺい汁

のっぺい汁は全国各地で作ら得ている残り野菜をごま油で炒めた汁物と、鶏肉を用いた新潟の郷土汁とがあります。残り野菜を使う方は元は精進料理で葛などでとろみをつけていました。

呉汁

鹿児島の郷土汁、呉汁は大豆の入ったみそ汁です。
大豆はすりつぶしていれます。あえて大きく粒を残すと大豆の存在感が増して良いでしょう。かぼちゃやネギ、さといもなどいれ麦みそで味をつけます。

かす汁

関西圏で見られるかす汁は、だし汁で野菜を煮たとこに、酒粕をといてつくります。
野菜以外ではこんにゃく油揚げ、鮭もしくは豚肉が入っています。酒粕と一緒に味噌を少量溶くこともあります。

ヤギ汁

沖縄県の郷土汁です。具はヤギ肉のみです。味付けはかつおだし、塩、しょうがです。

いきなり作るのは難易度が高そうですね。レトルトパックも販売されているので、まずそちらから試してみるが良さそうです。

せんべい汁

青森県の郷土汁で、南部煎餅を中にいれます。肉や魚、野菜をいれただし汁の中に背南部煎餅をいれます。醤油味のほか、味噌や塩で味をつける地域もあります。

まとめ

今回はお椀に入る汁もののみ集めましたが、これに「郷土鍋」を加えると、種類はもっと増えます。仲間で集まってそれぞれ郷土汁や郷土鍋を披露しあうのも良いですね。