色んなシーンで大活躍♪綿菓子メーカー「わたがし名人」とは?

買い物

綿菓子ってふわふわしていて甘くて美味しくて…!!
たまに食べたくなるけど、「夏祭り限定」ってイメージないですか??

かき氷みたいに家で簡単に綿菓子が作れたら、誕生日やイベントの際も盛り上がるのに!
でも綿菓子ってザラメじゃなきゃできない…?となると、用意がちょっと面倒。

最近ではもっと簡単に身近なものを使って綿菓子が作れるマシーンが登場中♪
気になりませんか??気になりますよね!!

今回は、楽天市場で人気の綿菓子メーカー「わたがし名人」をチェックしていきます。

「わたがし名人」を使ってレッツ・パーティー☆

自宅で簡単にオリジナル綿菓子が作れるって魅力的!!
子供も大人もワイワイ楽しめると噂の「わたがし名人」の製品特徴をまとめました(^^)

1.大きめの回転ザラ採用

材料の投入口、並びに回転ザラが大きい本格的な作りになっているため、色々なものを入れて楽しむことができます。

他社製品では4gほどしか投入できないグラニュー糖だって、「わたがし名人」なら18gも投入OK!

2.市販の飴玉の投入が可能

通常回転ザラはカバーで覆われており、飴玉は投入できません。
でもこちらの商品なら飴玉も入れることができ、さらにはザラメ・氷砂糖でも綿菓子が作れます。

3.電熱ヒーターは420Wと強力

余熱をしっかりすることができるので、温度が低くてわたにならず、砂糖がたくさんボウルに付着してしまう…なんてことも防いでくれます。

だから出来上がりの大きさは一目瞭然♪

4.お手入れ簡単

回転ザラやボウルは「スポッと」外してお湯で洗える仕様になっています。
だから飴や砂糖などの残りをキレイに取り除けるため、とても衛生的!

5.回転ザラが交換でき、長く使える

オプションで回転ザラを購入することができますので、長期間使ってダメになった場合も安心!
部品を交換するだけでまた使えるようになります。

本体ごと買い替える必要がないって経済的ですよね!

「わたがし名人」の口コミ評価はどうなの?

綿菓子が食べたくなったらすぐ食べられるって幸せ♪
でも本当にうまく作れるの?

気になる口コミを見ていきましょう!

子供が喜びました

 

三歳になる娘の誕生日に使いたいな…と思って購入しました。
組み立ても簡単でスイッチも1つもないので使いやすいです。

 

色香り付きのザラメを他店で買って、早速作ってみました。

 

付属の計量スプーン1杯で直径20センチくらいのふわふわの綿あめができました。

 

何度か使用しているうちにガガガと騒音がしましたが、機械の回転で組み立てが緩むと鳴るようです。

 

締め直せば静かになります。
片付けもお湯で流すだけでだいたいキレイになるのでラク。

 

なにより子供が大喜び!!
購入して良かったなと思いました。

とてもいいです♪

 

子供が綿菓子機を欲しがったので思い切って購入。
これは大人が遊んでも面白いです!

 

色々なメーカーのものを調べましたが、ザラメでも飴でも作れてお値段も手ごろなので決めました。

 

受け皿も簡単に洗えて良いです。
ヒーター部分がザブザブ洗えないのが難点ですが!

 

拭き取れる表面は濡れた布などで、内側は湿らせた綿棒などでこすり落とせました。

 

思っていたより手入れが楽で嬉しいです。
飴の綿菓子は、飴そのままの味でふわふわの食感が楽しかったです♪

楽しみました

 

色んな綿菓子を作ることができて楽しかったです。

 

ただ溶かす部分は掃除がスッキリできないので、長い間使用しなかった場合、友達などにふるまうのはちょっと考えてしまいます…。

大満足♪♪

 

娘の5歳の誕生日に贈り物として購入しました。
発送も早く、誕生日に間に合いました。

 

娘の誕生日に早速使ってみました。

 

アメでやってみると、確かに小さいものしかできませんでしたが、小さいからこそ色々な味を食べられて、娘に「おいしい♪ママありがとう」と喜んでもらえました。

 

笑顔を見てこちらも嬉しくなりました。
良い買い物ができました!

クリスマスプレゼント

 

子供が欲しがった綿あめ機。
簡単にできます。

 

後片付けも楽ですが、一度熱線に付いてしまった蜜は焦げたようになって取れません。

 

口にする部分ではないので、気にならない方にはオススメです。
アメは結局味が付いていない砂糖味が一番人気でした。

最高!!

 

子供たち、大喜び!!
まずしっかりと機械を温める。

 

これをしないと周りに飛び散ります。
ザラメやあめ玉は一度止めてから入れる。

 

あめ玉は綿菓子が小さくなるが味があって美味しい。
ザラメだとふわふわで大きいものができます!

まとめ

アイディア次第では、面白い新感覚コットンキャンディーが作れるかも!
ただのアメで食べるより、綿菓子になるとなぜだかやたらと美味しい。

それが「コットンキャンディー・マジック」なのかもしれませんね♪
色んなあめ玉でトライしてみて、ぜひお気に入りのものを見つけて下さいね!

年末年始、みんなでやってみるのも楽しいかも?!