最近の電動アシスト自転車はオシャレで高性能♪

生活

坂道の多い地域に住んでいたり、子育て中だったりすると電動アシスト自転車は生活必需品ですね。また最近では平地でも目にする機会が増えてきました。

しかしいざ買おうとするとどういう基準でえらんでいいか迷いまよすよね。今回は電動アシスト自転車を購入する際の注目ポイントについてまとめました。

急な坂道も、重い荷物の日も、楽々こげてしまう電動アシスト自転車をぜひあなたのパートナーにしてくださいね。

電動アシスト自転車

電動アシスト自転車は、モーターを使って人の漕ぐ力を軽減させる自転車です。

バイクと違って、乗っている人がペダルをこがなければ作動しません。
時速によって作動するパワーが決まっており、速く漕ぎすぎるとモーターの力はなくなるので、モーターのせいでスピードが出すぎる、というようなことはありません。

乗り心地は

子どもを乗せているとき、重い荷物を載せているときなどは、漕ぎだしにちからがいるのでふらついて危ないこともありますが、電動アシスト自転車ならこの「漕ぎはじめ」がするりとスタートできます。平地かゆるいくだりで漕ぎ始める感覚です。

乗っている間も「平地をすいすい進む」感じがつづきます。

ポイント

アシストされる感覚は各メーカーによって違うので、気になるなら自転車屋さんで試乗してみるのが一番です。乗り心地以外の選ぶポイントとしては

  • 本体の軽さ
  • 充電頻度

などです。電動アシスト自転車はモーターがついているので、どうしても通常の自転車より重くなります。自宅および利用する最寄り駅の駐輪場が「自転車を持ち上げて駐輪する」タイプだった場合、小柄な人では駐輪できない可能性もでてきます。

充電し忘れると電動アシスト自転車もただの重い自転車になります。
自転車置き場が遠くて「気づいたときに気軽にできない」場合は充電にかかる時間や頻度なども考慮にいれましょう。

オシャレに乗るスポーツバイク

スポーツタイプの自転車にも電動機能の付いたものが増えてきました。
見た目は普通のスポーツバイクと変わらずとてもオシャレでカッコイイです。
本格的なモデルほか通勤通学に使えるタイプもあるのでこれまで「自転車通勤・通学は少し遠い」と思っていた地域でも検討する価値ありです。

子供載せ自転車

丈夫な子どもシートのついた電動アシスト自転車は安全性にも考慮されています。
乗り降りするとき、乗っているとき、スタンドを出して停めるとき、それぞれふらつかないように各社さまざまな工夫がこらされています。

自動で充電する機能も?!

ブリジストンの電動アシスト自転車はブレーキアシストがついており、後輪のブレーキをかけると、それが充電されるしくみになっているので、乗っていると自然と充電の足しになる、という優れものです。

充電が面倒というのは電動アシスト自転車最大のデメリットですからこれが解消されるのはうれしいですね。

まとめ

自転車で移動できる範囲が広がると生活もぐんと便利になります。
買い物でもまとめ買いをしやすくなりますし、少し遠くのスーパーに出かけることもできます。購入を気にサイクリングを趣味にするのも健康的でいいですね。