レシピいろいろ!ひき肉料理で食費節約!

料理・レシピ

食費を減らしたいと思っても、量を減らすわけにはいきませんね。

安いスーパーを探すといっても、すべての品が他店より半額!なんて店があるわけではなく節約額にも限りがあります。もちろん安いお店を探す努力もしつつですが、節約には食事内容を見直すことも欠かせません。

そういうときに重宝されるのが「ひき肉」です。お肉を食べたい気持ちをあきらめることなくおなかをいっぱいにしましょう。

今回はひき肉の使い方をまとめました。これさえ頭にいれておけば、ひき肉も自由自在です。これまでスライスや塊の肉を使っていたところをひき肉に代えれば、そしてその回数を増やせば、食費はスリムになるでしょう。

定番ハンバーグを作りこなす

元々からの肉嫌いでもなければ、ハンバーグを嫌いな人はいないでしょう。
また工夫次第でさまざまな風味や味が楽しめるので、うまく作れば短期間で何度も作ることができます。

まず牛・豚・鶏を単体で使う、合わせて使うかで、表情は変わります。
肉以外にもシイタケなどキノコ類を増やしたり、水切りした豆腐をいれて豆腐いれれば、飽きることはありません。

巻く、つめる、はさむ

ひき肉に下味をつけ、巻いたりつめたります。
ピーマンにつめたり、レンコンのにつめたりはさんだりするのは定番ですね。
また餃子やしゅうまいも人気メニューです。

ロールキャベツも良いですが、キャベツをゆでるのが面倒なら、ひき肉とキャベツを交互に乗せていく重ね蒸しでも良いでしょう。
キャベツの代わりに白菜でも作れます。

固まり肉の代わりに

ひき肉を使うキーマカレーがありますが、ハヤシライス、シチュー、スープにもひき肉を使ってみましょう。

そのまま入れるパターンと肉団子にするパターンで2種類できます。ホワイトシチューには鶏のひき肉を使うと色もそろって綺麗です。

野菜と炒めるときはあんかけに

野菜炒めにもひき肉は使えます。
残り野菜や好きな野菜と共にひき肉を炒めましょう。

和風だしや中華だしであじをつけたあと最後に片栗粉でとろみをつけます。
そのままご飯にのせたり焼きそばにのせればおいしい一品になります。

ひき肉と言えばタコス、タコライス

ひき肉の人気レシピと言えば、タコス、タコライスですね。
シーズニングを買っておけばひき肉と一緒に炒めるだけですぐにメキシコ料理が味わえます。
サルサソースもレトルトや瓶詰で売られていて、保存がきくので「いざという時のお助けレシピ」として重宝します。

まとめ

まとめて買っておけばさらに安くなるひき肉、上手に冷凍すれば幾通りにも使える万能選手となります。冷蔵庫にひき肉を常備しておけば安心ですね。