いまどきの教育費の目安はどれくらい? 貯め方のコツは?

お金

子どもの教育費といえば、お子さんのいる家庭、いずれ子どもが欲しいと思っているカップルが一度は考える難問ですね。

教育費はいつから用意をはじめればよいのでしょうか? 答えは「いますぐ」です。少しずつでも思い立った時に貯金をはじめましょう。

子どもが生まれる前でも、です。子どもが生まれると出費もかさみますし、生活に追われて貯金できない時もあるでしょう。銀行や証券会社に口座を作ることだけでも、思い立った時に済ませてしまいましょう。

教育費の目安

教育費の目安はインターネットや本、雑誌でよく取りあげられていますが、かなり幅があります。

理由は「学校にかかる費用」だけなのか、「塾代など進学に関する費用プラス学校にかかる費用」なのか、定義がさまざまだからです。

学校にかかる費用だけにしぼると大体、高校は公立で150万弱、私立で300万、大学は国公立で250万、私学文系で400万、私学理系で500万ほどになります。

教育費の貯め方

子どもが生まれたときにはじめると、高校入学まで15年、大学入学まで18年と比較的長い期間があるので、学資保険や積み立てで貯めている家庭が多いでしょう。

また学費は通っている間に支払っていくので、高校に必要な全額を15歳までに貯める必要はなく、大学4年間の学費を18歳までに用意する必要はありません。

かといって油断は禁物、実際は塾代などがかかるので、額面以上のお金が必要です。

ならい事を見直して

小学生のいる家庭で家計がひっ迫する理由の一つに「習い事にお金がかかっている」というものがあります。

本人が「やってみたい」といったことはとりあえずやらせるのが良しとされる風潮もありますし、親として「やってほしい」と思う習い事もあるでしょう。

けれど、いくつも掛け持ちした挙句、高校・大学の進学時に資金が理由で進路が狭められては元も子もありません。

子どもが小学生のうちから、将来をみこしてお金の使い方を考えるようにしましょう。

家計全体を見直す

子どもが小さいうちは仕事をせず家にいるお母さんも、子どもが一人で留守番できるようになれば、パートにでるのも学費を貯める手段として有効です。

お父さんのお給料だけで生活し、お母さんのお給料はそっくり学費に回せば、確実に貯めることができます。

そのほか、賃貸なら安いところへ引っ越す、持ち家ならローンの借り換えを行う、スマホは大手キャリアから格安キャリアへ乗り換えるなどが有効です。

スーパーのチラシを事細かにチェックして一円でも安い買い物を目指す、といった節約術は働きだすとストレスになるので「好きでできる範囲」にしておきましょう。

給付奨学金を利用する

返済の必要のない給付型奨学金があります。

日本学生支援機構が窓口となっている給付型奨学金は主に住民税非課税世帯を対象都市、月額で最大4万円が支給されます。

その他、大学ごとに授業料が免除となる奨学金や特待生の制度があります。

お子さんが通っている学校や自治体に問い合わせてみてください。

まとめ

親が大学に行っておらずその予定をしていなかった、子どもが小さいときからずっと大学に行かなくても良い職業に憧れていたから不要に思っていた、にもかかわらず高校生になって突然大学進学を希望する、というのは珍しい話ではありませんし、その時になって慌ててもお金は降ってわいてはきません。

子どもが小さいときから、またどんな職業に憧れていようと、「子どもの可能性は突然どの方向に開くか分からない」と心得えて準備を怠らないようにしたいですね。