プチプラ服を大活躍させる方法

ファッション・コスメ

一見同じように見える2着の服、店舗が違えばお値段が5倍~10倍違うなんてことはよくありますよね。安いほうを選ぶのが正解か、高いほうを選ぶのが正解か、悩みだしたらきりがありません。

最近は「たかみえ」なんて言葉もあります。お手頃価格の服を買って高そうに見えればそれが一番ですね。そこで今回はリーズナブルな服をより効果的に着こなすコツを考えてみました。

プチプラ服をうまく活用してオシャレさんになりましょう!

ファッションの基本はメリハリ

よく言われることですが、ファッションはメリハリが大切です。

冠婚葬祭や人前に出る時は別として、全身完璧に決めるよりどこか崩していたり、アンバランスな要素を取り入れるほうがオシャレに見えたりするものです。

服装をプチプラでカジュアルにして高級バッグやスカーフを合わせるなどもテクニックの一つです。

トップスとボトムス、どちらがプチプラなら反対側はハイブランドのものにすると、プチプラ服も、安っぽくは見えません。

そういうわけで、全身プチプラで固めるのは避けたほうが無難でしょうね。

サイズを合わせる

サイズの合わない服ほど格好悪いものはありません。サイズの合わない高級服なら、ぴったり体に合ったプチプラのほうがオシャレに見えます。

バーゲンなどでハイブランドの服が安くなっているからと、サイズの合わないものを買うのは「安物買いの銭失い」の極みです。

ハイブランドでそうなのですから、プチプラのサイズ違いなど愚の骨頂です。
プチプラこそ「サイズ」にこだわってください。

シンプルなものが吉

プチプラ服の苦手ジャンルは、複雑な形をした襟まわりや袖口、凝った切り替えなどのある服です。こういった服はどうしても「安っぽさ」が出てしまいます。

有名ショップと似たようなデザインになっていても、着ると「やぼったさ」が漂うことも。

プチプラで求める服は、シンプルな形のものが良いでしょう。

よく洗濯するもの

T--シャツなどよく洗濯するものは、傷みやすいのでプチプラの方が良いでしょう。どんな高級服でも経年劣化はします。

というか高い服ほど「長く着る」ことは想定されていません。
「高いから」と捨てずに着続けると「高くても」安っぽく見えてしまいます。
T-シャツは「買ったときの値段が高いもの」より「新しいもの」のほうが断然よく見えます。白いブラウスなども同様で、自分が「何度も買い替えられる価格帯」のものを惜しみなく着倒してください。

普段着ない色

着なれないものに挑戦できるのもプチプラの良さですね。
高ければ「汚したらどうしよう」と思ってなかなか着られない白い服にもチャレンジできそうです。

同じように「柄モノ」にもチャレンジしたいところですが、「柄」はわりと素直に「お値段」が見た目に反映されるので、購入時はよくチェックしたほうがよさそうです。

まとめ

メリハリが大事と書きましたが、できればコートやジャケットなどアウターはハイブランドのほうが良いでしょう。

毎日着るものですし、素材や縫製の良さが遠目からでも一目瞭然だからです。

またプチプラとひとことでいっても、メーカーによって形や色味は微妙に違うので、カットソーなど複数あっても困らないものはメーカーごとに一つずつ買ってみて、自分にあうお店を見つけると、プチプラをさらに「自分のオシャレ」に組み込めます。