時短料理には冷凍食材のセットを作っておけば便利!

料理・レシピ

時短料理に食材の冷凍は欠かせないものですが、それぞれどのような状態で冷凍していますか?
一種類ずつ小分けにしてませんか?

今回は冷凍段階から複数の食材を一緒にしてしまう方法をおすすめします。

市販の食品ならミックスベジタブルなどよくみかけますよね。あれを自作してしまうのです。
お弁当作りなど短時間でパパッと料理したいときに役立ちますよ。ぜひお試しください。

まとめて作りましょう

時間のあるとき、スーパーの特売日など、野菜をまとめて買います。
そしてならるべく早く食材のセットを作って冷凍してしまいます。
一週間分を小分けにしておけば、残りの日数は食事の準備が楽にできます

野菜のセット

市販のミックスベジタブルも組み合わせは様々ですよね。
好きなように自分でアレンジしましょう。
火の通りにくいものは細く、火の通りやすいものは大きく切ってください。野菜炒めに使えるように《玉ねぎ・ピーマン・にんじん》セット、《キャベツ・玉ねぎ・カボチャ》セットを作ったり。
味噌汁の具用に《たまねぎ・残り野菜》を数種類作っておくと安心ですね。
野菜炒めはメインで使う用と、メインディッシュの付け合わせで使う用と、大小取り合わせてつくればムダもありません。

保存方法

場所を取らずに便利なのは保存専用のビニール袋です。
食材をなるべく平らになるよに薄くすれば冷凍庫の中で立てて保存することができます。
肉類は袋に調味料と一緒にいれて袋の上からもめば味もしみこみます。

注意事項としては水分をなるべく減らして保存することを心掛けてください。
肉や魚で水分のでているものはふき取り、野菜も水分の多いものは塩もみなどして軽く出も水分を抜いておくと、調理後おいしくいただけます。

野菜にベーコンやハムを足すのもOK

肉類を野菜と一緒に冷凍できないのですが、ベーコンやハムならOKです。
朝ご飯用に、炒めやすい野菜と小さく切ったベーコン、ハムを一緒にして冷凍しましょう。
取り出して炒めたるときに、目玉焼きやスクランブルエッグを添えてください。

インスタントラーメンの麺をゆでるときに入れれば手間もありません。

肉類

肉類は下味をつけて冷凍しましょう。少し濃いめに味付けをしておけばお弁当にも使えますし、一緒に炒める野菜に味を付ける必要がありません。
なるべく水分を吸い取ってから保存するようにしてください。

変わった味付けを思いつけないときは、醤油とすりおろしたショウガだけでもおいしいですよ。

調理方法

汁物にいれたり、そのままいためたり自由に使えます。
チョイ足し野菜としても、メインの野菜炒めとしてもOK。

醤油で味付けした肉は、野菜と一緒に炒めるのが良いでしょう。ヨーグルトとカレー粉を合わせてつけたタンドリーチキンなら野菜は別で温めて付け合わせにすると良いでしょう。

まとめ

スープやシチューなら少々「これは合うかな?」と思う微妙に思えるモノでも入れてしまえば分かりません。残り野菜の後片付けにも冷凍野菜セットはぴったりです。