普段からペットの防災を考えておこう

生活

ペットの防災対策、きちんとできていますか?
環境省は、自治体と買い主に向けたペットの救護・災害対策ガイドラインを発表しています。その中で推奨されているのが飼い主とペットとが一緒に逃げる「同行避難」です。

災害の規模、ペットの種類、避難所の状態によってスムーズに事が運ばないこともありますが、飼い主の準備不足でペットがつらい思いをするような事態は避けたいですよね。

いざというときのために、できるだけの準備はしておきましょう。

災害がおこったら

地震や台風などで自宅が倒壊した、倒壊するかもしれない、という状況になったら、ペットと一緒に避難してください。

荷物を持ち出す余裕がある場合は、ペットのエサ、普段寝ている毛布などを持っていきます。普段からまとめておくと良いでしょう。

飼い主が外出しているときに自宅が被害にあったときは、近所の人などに保護を頼んでください。
普段からご近所のペット仲間と仲良くしておき、いざというときはお互い助け合う約束をしておくと良いでしょう。

避難所生活

ペットとの同行避難が推奨されているとはいえ、すべての避難所がペットOKなわけではありません。広さや機能的な問題もあってやむを得ずペット不可とする避難所もあるでしょう。

避難所では、定員がいっぱいになって入れない人のために、近隣の避難所情報を共有しています。
そこでペット受け入れ可能な避難所がどこにあるか教えてもらえるので確認してください。

せっかくペットOKの避難所があっても、定員オーバーで入れない、という場合は車など屋外で生活することになります。
車での生活は飼い主にもペットにも負担がかかるので、できるなら長期化しないように心がけましょう。

ペットだけ預ける

災害時は飼い主もペットも精神的に不安なもの、その上離れ離れになるのは好ましいことではありませんが、やむを得ない場合は、どこかに預けるということも考えましょう。

あらかじめ親族や友人に「災害時に預かってもらえるか」確認しておくと安心です。預かり先がない場合は、ペットの保護活動をしている団体などに問い合わせてください。

普段からの備え

避難所や保護施設などで他の生き物と接して病気になることもあります。

普段から心掛けておくことで最も重要なのはワクチンの接種やノミダニの予防です。またはぐれたときのために首輪に名前や連絡先を書いたタグをつけておくと良いでしょう。

犬の場合、他の人に慣れていないと吠えたり逃げ出したりする恐れがあります。
普段から人に慣れる練習をしてください。

またキャリーバックやケージを嫌うペットもいるでしょう。これらも普段から慣らしておきましょう。

まとめ

犬は散歩に出るので、比較的ご近所さんでの飼い主仲間と出会いやすいのですが、室内飼いの猫やその他のペットはなかなか周囲で同じペットを飼っている人を見つけにくいですよね。

そういう場合は、行きつけのペットショップに相談してみてください。

中には「飼い主募集」の掲示板などを出しているショップもあるので、そういう掲示板などを利用して仲間探しに協力してもらえるかもしれません。