今すぐ安全にはじめるスマホ決済・キャッシュレス生活

お金

紙幣や通貨で支払をしない方法は、クレジットカードの利用や交通機関のカードなどすでに日常生活に浸透していますが、最近ではスマートフォンを用いたコードを読みる取る決済も広まっています。今やだれもが持ち歩いているスマートフォンでの決済が当たり前の時代になれば、もうお財布に現金を入れて持ち歩く必要がなくなるかもしれません。

今回は、キャッシュレスの基本についてまとめました。メリットの多いキャッシュレス生活、さっそくはじめてみませんか?

キャッシュレス支払いの種類

現金で支払わないといえばクレジットカードが最も多く使われています。
VISAやマスターカードなど、持っていると世界中の加盟店で使えます。また銀行口座から即時引き落とされるデビットカードもあります。事前に現金を入金して使う電子マネーカードは鉄道会社などでも用いられています。

これらはすべて「カード」を用いて支払いをするので、財布にカードをいれておかなければいけません。

これらと比べて新しく登場した「コード読み取り型」はスマートフォンでバーコードやQRコードを読み取って支払いをします。

またスマホと連携したスマートウォッチで支払うこともできます。

現金を持たず支払いをする場合、カードかスマートフォン、スマートウォッチのいずれかになります。

キャッシュレス化が進む背景

現金よりカードやスマホで決済する方が良い点は、お釣りの間違いが減る(もちろん金額をよく確認する必要はありますが)、お金を出し入れする手間が省ける、など今お店側、お客側双方にあります。

今後労働人口が減る日本ではレジ要員が減るのは有益なことです。

またスマホ決済では「利用者が自分で支払いをすませレジに並ぶ必要がなくなる」といった使用方法が検討されています。混雑時にサッと支払いを済ませられたら助かりますね。

コード決済は、クレジットカード決済より導入が楽で手数料も低いことから利用するお店は今後どんどん増えていくでしょう。

キャッシュレスのメリット

なんといっても「小銭じゃらじゃらのお財布」から解放されること、ですね。
また家計簿をつけようと思っても3日後には「レシートがすべて残っていない」状態で、投げ出してしまったりもしますが、スマホ決済なら履歴が残るので、何にどれだけ使ったかばっちり分かります。

また楽天ペイやD払いなどは使えば楽天ポイント、Dポイントがたまるしくみになっているので、使えば使うほどお得です。

LNEペイは個人間の送金ができるので、飲み会の支払いなどに重宝します。

引き落とし

クレジットーカードは翌月~翌々月の後払いになりますし、デビットカードは即時引き落とし、ですが、スマホ決済はサービスを提供する会社によって、事前入金、即時決済、後払いとさまざまです。使いたいお店が加盟店であるかと同時に、自分の望む支払いスタイルであるかも確認してくださいね。

まとめ

いまはまだ加盟店が多くてどこでも使える万能サービスはないので、お財布を持たずに遠出するのは難しいですが、近所のコンビニ、ドラッグストア、スーパーだけなら1つのカード、スマホだけでなんとなる地域もあるでしょう。

今後ますます利用できるお店が増えるスマホ決済、ご近所からはじめてくださいね。