長生きしても安心。認知症専用の保険を検討しよう

お金

高齢化社会になるにつれ認知症の患者も増加しています。認知症自体はすぐに身体に深刻なダメージを与える病気ではないので、介護が長期化し、家族に経済的な負担がかかる場合もあります。

最近では認知症に特化した保険が販売されるようになりました。認知症と診断されたら一時金が支払われたり、年金のように受け取れるものなどがあります。

ガン保険など他の医療保険と同じで、認知症でも支払われないケースがあったり、加入期間によってはその分貯金してた方が高額になることもありますが、自分や家族が「お金があれば使ってしまうタイプ」の場合、保険として支払うことで、いざというとき使えるお金を確保できるなら、良い商品といえるでしょう。

太陽生命 ひまわり認知症予防保険

認知症の保険は「終身保険」が多いのに対し、こちらは「10年」も選べます(75歳以下)。

2年ごとの予防給付金が受けとれたり、医療保障もついています。
太陽生命は、認知症予防アプリで歩行を管理できたり、認知症関連施設を調べてくれるサービスがあるなど、無料サービスも充実しています。

ひまわり認知症予防保険・保険組曲Best既成緩和 | 太陽生命保険

朝日生命 あんしん介護 認知症年金タイプ/一時金タイプ

こちらは年金タイプと一時金対応に分かれています。
要介護1以上で、所定の認知症の診断がでたときに給付されます。要介護1以上で以後の保険料が免除になるのもうれしいですね。

またあたらしく「要支援一時金タイプ」も出たようです。

 

あんしん介護|個人のお客さま|朝日生命保険相互会社

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 リンククロス笑顔をまもる認知症保険

軽度認知障害・認知症と診断されたときと要介護1と診断されたときにそれぞれ一時金を受け取れます。
骨折や死亡でも給付金を受け取れます。

リンククロス 笑顔をまもる認知症保険
医療保険、がん保険、死亡保険、こども保険...

メッドライフ生命 終身認知症診断一時金特約

医療保険の特約で、契約から180日以降で所定の認知症と診断されたときに一時金が支払われます。

この医療保険は健康であれば5年ごとに一時金が受け取れ、認知症のほかにも介護一時金もあります。

終身医療保険 フレキシィ Sのメットライフ生命
終身医療保険 フレキシィ Sの保障プラン・保険料のご検討なら、メットライフ生命の公式サイト。保険料のお見積もりは簡単!インターネットでのお申し込みも可能です。

まとめ

その他、介護保険で認知症がカバーされている商品がいくつかあります。

「メットライフ生命 ロングタームケア」「アフラック介護年金プランVタイプ」などです。

注意点は「認知症と診断されたとき」というのは保険のことも忘れてしまっているかもしれないということです。

しかるべき親族に話しておくか、終活、エンディングノートなどにきちんと記しておきましょう。