今さら人に聞けない!ファッション用語をチェック

ファッション・コスメ

雑誌を見ていて知らないファッション用語が出てきたらどうしますか?
一人で見ているときはそのままスルー?
お友だちと一緒に見ているとは「これってどういう意味?」ってすぐ聞けますか?
新しい用語もいつも間にか「周知の言葉」になっていて、誰かに聞こうにも聞きずらくなっていたりしますよね。

今回は定番~最新のファッション用語を集めてみました。チェックしてみてくださいね。

ドルマンスリーブ

肩から肘、肘下あたりまでゆったりした袖になっており、手首のあたり細くなっているスタイルです。
カットソーやニットで使用されています。
長袖の場合、袖口をたくし上げるようにすると表情が違って見えるので、変化をつけやすいです。

レイヤード

重ね着のことです。
中に来ているものを見えるようにしたりして、色合わせを楽しんだり、ジャケットの下にパーカーをきてフォーマルとカジュアルのバランス差を楽しんだり、さまざまな着こなしが楽しめます。

チェスターコート

元は男性用コートで背広の裾を長くしたような、襟のあるコートです。長さはジャケットがすっぽり隠れる長さのものから、ひざ丈までさまざま。
コートの中はすっきりさせてマニッシュに着こなすのがおすすめです。

 

ボートネック

えり口が船の底のように楕円形になっているスタイルです。
空き具合は、首ギリギリから、肩が落ちそうなものまであります。
カットーソーなら同じ形に見えても、微妙にフォルムが違いますから自分に一番似合うものを根気よく探してください。

えり口が瓶のようになっているもの(ハイネックのように少し立ち上がっているもの)は「ボトルネック」といいます。

ラグランスリーブ

袖の布が襟元から始まっている形の袖。
スポーツ用のシャツなどに用いられています。最近ではニットなどでもよく見かけます。

ドット柄

ドット柄(水玉)にも種類があり、それぞれに名前があります。
点のように小さい水玉をその名の通り「ピンドット」といいます。
次に効果ほどの大きさを「コインドット」、その次が「ポルカドット」、大きさがまちまちなものが「ランダムドット」です。

サーキュラースカート

フレアスカートで、広げると円形のように見えるスカートです。
布地が多いので、たっぷりとした質感がハイソサエティな雰囲気を醸し出します。

まとめ

洋服の形から生地の模様、素材などファッション用語は多岐にわたり、また移り変わりも激しいのですべてを把握するのは難しいでしょう。

気に入ったものから少しずつ把握するようにしてくださいね。