スマホのマップ、使いこなしておでかけしませんか?!

生活

昔は紙の地図しかありませんでしたが、紙の地図は、今自分がどこにいるかどちらを向いているか分からないので、方向音痴さんには心もとない相棒でしたね。

それが今、スマートフォンに標準で入っている地図アプリや、あとから入れる優良無料の各種地図アプリはとても優秀で、便利な機能がいっぱいです。

今回はさまざまなマップに関するサービスを集めてみました。知らないものがあれば、ぜひ試してみてくださいね。

グーグルマップ

Anroid端末には最初から入っていますし、ios機器でもたくさんインストールされています。航空写真や、路線図などで表示でき、ストリートビューも見ることができるので、行ったことのない場所の様子も知ることができます。

ルート検索では出発地と目的地を入力すると、徒歩、車、電車、などの各移動時間が表示されます。Googleアカウントにログインしておけば、自宅などよく使う場所を登録できるので便利です。

ヤフーマップ

観光地など利用者の多いところは写真で見ることができます。また雨雲レーダー、混雑レーダーなども利用できます。

今のところiOS版だけですが、AR機能があります。
これはカメラにうつる道路上に矢印が表示されるもので、道路にスマホをかざすだけで目的地までつれていってくれます。

ナビタイム

衛星写真も見ることができます。ルートではよくある「短時間で行ける順」「運賃が安い順」だけでなくエレベーター優先、エレベーター・エスカレーター優先、CO2の少ない順など細かい条件を指定できます。

自転車や徒歩では高低差も重要ポイントですよね、坂道が多い、坂道が少ないなども指定でき、総距離・消費カロリーも分かるので、「移動」だけでなく「運動」にも使えます。有料サービスに登録すると渋滞情報も取得できます。

いつもナビ

地図会社ゼンリンのサービスで、有料で天気や観光地図を利用できます。

IDを取得すれば、PCで登録した地点をスマホアプリで利用できますし、Webサイトの「いつもnavi」ではタクシーの料金検索や観光地情報などさまざまな情報を得ることができます。

マップファン

紙の地図でも有名なMapFanのサービスで、古地図風やRPG風に表示できるのが魅力です。

また大型車に配慮されており、車高を指定できたり、曲がり角の少ないルート、なるべく広い道、を検索することがあります。

有料では渋滞情報がわかります。

マピオン

無料のままで、天気、風速、気温、海抜、距離などがわかるすぐれものです。
表示はSD風にもできます。

またマピオンでは「歩くだけで地井敬名産品があたるウォーキングアプリ、aruku&」など位置情報を使ったアプリがあり、楽しくウォーキングや移動ができます。

まとめ

道路にスマホをかざすだけで画面に矢印がでてくるAR機能は便利そうですね。そんな機能が標準装備さえるようになれば、もう道に迷わずにすみますね。

知らないところをあてもなく歩くのも楽しいものですが、そんなときも「いざ迷っても安心」と思えれば、冒険しやすくなりますしね。どんどん地図アプリを持っておでかけしましょう!