老後の資金と教育費、どうやって貯め分ける?!

お金

家計で貯金するべき項目の中で特に大きいのが「老後の資金」と「教育費」ですよね。どちらをどれくらい優先すべきでしょうか?

今がゼロ円で、これから貯金を始めようという場合、子どもの年齢や人数、進学によっても金額が変わってきますね。

どのように準備していけばよいか、考えていきましょう。

まず口座を用意する

貯金しようと思いながら日々の生活費に追われてなかなかはじめられないときは、まず口座を作りましょう。

はじめの入金が0円でも作れる口座もあります。
いくつも口座があるとややこしいでしょうか?

銀行や証券会社ごとに「ここは教育費だけ」「ここは老後の費用だけ」と決めておけば、一つの銀行のなかでやりくりするよりわかりやすいでしょう。

学資保険は注意が必要

「学資保険」は奥の保険会社で販売されていますが、中には元本割れするものもあります。

それでももし途中で親が死亡した場合以後の払い込みが免除になるなど、保険としてメリットは残りますが、どうせならそういう保険のメリットを保持しつつ元本割れしない保険が良いですよね。

「医療保険など現在加入している保険会社にすすめられたから」と安易に決めず「学資保険だけは別の会社を選ぶ」ことも考慮して選んでください。

どれくらい必要か

子どもにかかる費用は大学卒業を最終学歴とすると、すべて公立の学校に通ったとしても一千万以上かかります。またすべて私立なら倍以上となります。

また上位の学校へ行かそうと進学塾に通ったりするとさらに費用がかかることになります。

あればあるほど安心ですね。

一方老後の資金も「何歳まで生きるか」によって必要な額は変わってきます。

一時期老後には3000万必要という言葉が広まりました。
実際はそこまで必要ないようですが、逆に有料老人ホームを金額を気にせず自由に選びたい、というのであれば、3000万でも足りません。

どちらを優先すべきか

大抵の家庭では自身の老後より子どもの進学のほうが先にくるので、子どもの教育費が優先になりますね。

ただできれば、数千円の積み立てでも「老後の資金」の貯蓄を続けることをお勧めします。

人間は一度やめると、再開するにもエネルギーを必要とする生き物です。やめるとそのままになってしまいそうな場合は、千円に減額してでも積み立て続けましょう。
また長く続けれ入ればいるほど、愛着も増し容易に解約しようと思わなくなります。

教育費を借金してまで老後の貯金を続けるのは間違いですが、日々の生活をやりくりして可能であれば、老後のための貯金もつづけてください。

老後の資金は確定拠出年金

確定拠出年金(iDeco)は銀行などで販売されている金融商品で掛け金が所得控除になるというメリットがあります。
節税になるうえ、60歳まで引き出せないので、しっかり貯めることができます。

まとめ

子どもの成長はあっという間です。「まだ小さいからもう少し大きくなったら貯金をはじめよう」なんて思っていると、子どもが大きくなるにつれ食費が増え、衣服代も増え、行楽費もかさんできます。

「まだ小さい」と思っている間に教育費の貯金を開始してください。

また老後も同じです。「まだまだ先のことだから」と油断せず、しっかりお金を増やしてくだいさね。