最近のドライブレコーダーはすごい!その魅力と選び方!

生活

最近注目を浴びているドライブレコーダーはさまざまな場所で活躍していますね。

あおり運転など自身におこった交通のトラブルを記録しその後のやりとりを軽減したり、周りで起こった交通事故を記録し、証拠として警察に提供したり重宝されています。映像が残るというのは大変心強いですね。

まだドラレコを自分の車に取り付けていないなら、ぜひご検討くださいませ。

基本的な機能

ドライブレコーダーの機能はまず「録画機能」があげられます。

機種によって性能に差がありますが車の前方~周囲の様子を録画し保存します。
同時に録音も可能な機種があります。

速度やGPSのデータ、加速度センサーの数値を記録するものがあります。
これにより事故を起こしたときなどに、自分にどれくらいの過失・責任があるか証明しやすくなります。

どこで買うの?

カー用品店で購入して取り付けてもらうのが一般的です。
また家電量販店やインターネットでも販売しているので、それらを購入し、カー用品店で取り付けだけ頼む方法もあります。

持ち込みに対応しているかお近くのカー用品店に確認の上、購入してください。
また持ち込みの場合取り付け費が高くなるお店もあるので、安くあげたい場合は、注意が必要です。案外店頭で「取り付け費込み」で買う方が安くなるかもしれません。

選び方

たくさんのドラレコが売られていますが、どうやって選べばよいでしょうか?それぞれの特徴を知って、自分の必要としている機能の「優先順位」と照らしあわせて選んでください。

録画機能優先

録画の制度を上げるには、レンズが広角なものか、リアカメラ付きのものがおすすめです。

中には水平360度撮影可能なものもあります。
リアカメラははじめから2カメラ付きの物と、別売りで足せるタイプとがあります。

駐車時監視

車上荒らしや車の盗難を防げます。
バッテリーの持ち時間があるので、長期間撮影し続けることは難しいようです。

運転支援

車の走行中の状態を監視し、前の車に近づきすぎたときや、車線からはみ出しそうになったときに教えてくれます。

HDMI端子つき

ドライブ好きさんにおすすめなのがHDMI端子がついているものです。
これでテレビやパソコンのモニターの映像を移すことができます。
遠出をしたときの思い出として、車で長時間出かけられない家族へのおみやげとして、記録を残すことができます。

まとめ

ドライブレコーダー搭載と表明するだけで、あおり運転の抑止力になります。

事故などあった場合相手が若かったり女性だったりすると高圧的な態度にでる人もいるので、免許を取りたての若者や女性はとくにドライブレコーダーの取り付けをおすすめします。