いつもいつまでも美しい手で♪ハンドクリームの魅力

ファッション・コスメ

ハンドクリームを使っていますか?
顔のお手入れに余念がなくても、手のケアは怠りがち、なんてことはありませんか?

手の方が顔より年齢が出るともいいます。お気に入りのハンドクリームを見つけて、美しい手を維持しましょう。

ハンドクリームの効能

ハンドクリームは文字通り「手専用」のクリームです。手にクリームが必要な一番の理由は「乾燥」です。一日の中で、背中が水(湯)にふれるのは入浴時だけですが、手は何度も洗いますよね。

石鹸でしっかり洗えばあらうほど手の油分がなくなって乾燥しやすくなります。
なのでクリームで油分をおぎないしっとりすべすべのお肌を維持するのです。

また、香水のように良い香りのするクリームもあります。
これは香りによるリラックス効果がきたいできます。
一仕事終わって休憩するというときは、トレイにいったりお茶を飲むなどで手を洗いますよね、そんなときに良い香りのクリームでリラックスしましょう。

使い方

トイレの後や食事の前に手を洗った後、水仕事の後など、手が濡れたときはなるべくはやくつけるようにしましょう。

ける際は指先など爪の周りもきっちり塗るようにしましょう。もちろん手首から肘のあたりまでつけてもOKです。

シアバターなど常温で固まるクリームは少し手で取ったあと両手ではさんだり、手をこすり合わせて摩擦で温めたりしてやわらくしましょう。

馬油など口に入ってよいものは、水洗いの前につけるのも効果的です。香りの強いものを料理前につけるのは抵抗がありますよね。

無香料で口に入って良いモノ、香りの強いモノなど何種類かキープして都度使い分けるようにすると良いでしょう。

プレゼントにも

最近はパッケージがオシャレなものも増えています。
「持っているだけ」「見ているだけ」で楽しくなるのでプレゼントにもおすすめです。

顔につける化粧品だと、相手のことを良く知らないと送りにくいものですが、ハンドクリームならそこまで気を遣わなくて良いですね。小さいパッケージの安いものは大量買いして多くの人に配るようなプレゼントにも使えます。

逆に貰って「香りがイマイチ」「べっとりしすぎる」など気に入らなかった場合は、足などに使ってみましょう。

足や腕、意外に掃除にも!

ハンドクリームがイマイチ気に入らなきときはボディクリームとして使ってみましょう。腕や足、背中の乾燥にも効果があります。

足につけるのも嫌な場合は、掃除などに使います。ハンドクリームはほとんどが油分なので、その油がクリーナーとして活躍するのです。

長時間放置したホワイトボード、文字がくっきり残ってなかなか消えないとしても布地にハンドクリームをつけて拭けば、あっという間にきれいになります。

また鏡もハンドクリームを少量つけて磨けば油分でピカピカになります。

まとめ

ハンドクリームにも消費期限があります。「もったいなくてなかなか使えない」といって引き出しに大切にしまっているハンドクリームがあれば、表示を確認してください。
期限を過ぎていれば思い切って香水代わりとして窓やガラスを拭きましょう。