意外に足元は見られています。そこで靴のお手入れ方法!

生活

靴は「安物を買ってすぐに履きつぶす」より「高いものを買ってこまめに手入れする」ほうが良いと言われています。もちろん自分の足に合うことが大前提ですが、高い=質の良いもののほうが足腰の健康にも良く、長く履けばトータルコストでは安い靴よりお得になることもあります。

今回は靴のお手入れについてまとめました。お気に入りの靴をきちんと手入れして長くお付き合いしましょう。

まずはじめに

靴を買ってきたら防水スプレーをかけましょう

水がしみこまないだけでなく汚れがつきにくく、ついた汚れが落ちやすくなります。

靴を長持ちさせるために絶対にやったほうがいいですよ。

スプレーはできれば靴専用のものを使ってください。靴屋さんで売られています。

そして靴は毎日同じものを履かないのが良いとされています。

湿気や匂いが取れないうちに履いてしまうと早く傷んできます。
通勤通学に使う靴は2つ3つの靴をローテーションで履くようにしてください。

革靴

普段のお手入れは柔らかい布で拭くことです。着古した肌着などを綿の布地を小さく切って靴箱においておけばこまめに拭くことができます。

内部はアルコールを付けた布地で拭くと脱臭効果もあります。
外側は汚れを取った跡クリームをつけます。靴磨き用のブラシがあれば丁寧に磨いていきましょう。

お手入れの道具はどういったものをそろえれば良いか分からない場合は、購入したお店に聞くのが一番です。またお手軽なセットも売られています。

自分でやるとよけい失敗しそうで怖い、という場合は町中にある修理屋さんに出すも良いでしょう。

スエードやファーを使った靴も正しくケアすれば「使い古し感」が消えて、きれいになりますよ。

スニーカー

スニーカーも素材ごとに専用のクリーナーが売られています。
布製のものは洗濯用洗剤でゴシゴシ洗ってもOKです。

コツはやはりヒモを毎回丁寧にはずすこと、細かいところも洗える細いブラシを用意すること、です。

合皮の靴

合皮でもお手入れは必要です。
特に傷つけて剥げてしまった個所などは、靴クリームをつけましょう。合皮がクリームを吸収することはありませんが、色を塗って傷を隠すことはできます。

使うごとに汚れを拭いて、傷んでいないかチェックしましょう。

ブーツ

素材ごとのお手入れ方法でケアしたあと、ブーツはとくに型崩れが命取りなのでブーツキーパーを欠かさず入れるようにしましょう。

また、水分を含んだままだと翌シーズンにはカビだらけ、ということになるので、普段から湿気を取る習慣をつけ、冬の終わりにはしっかり陰干ししてから収納するようにしましょう。

靴専用の洗濯機

バケツほどの大きさの靴専用洗濯機もあります。
電動もありますが、手でハンドルをぐるぐる回す手動もあります。
少しぐらい形が崩れても良い、子どもの上靴などに便利ですね。

まとめ

履かないときに大切なことは、靴の形状を整えるためにシューキーパー(シューツリー)を使うことです。

いいものは靴より高いものがありますが、天然木製でもリーズナブルなものもあります。靴箱の中で形を整えてあげてくださいね。