調理器具、大切に使って長持ちさせたい。必読のお手入れ方法

住まい・家事

鍋やフライパン、包丁などの調理器具は100円ショップでも、デパートでも売られています。

はじめてつかう形などは100円ショップで試してみるのもアリですが、気に入ったらまずまずのお値段のものを求めて、長く愛用したいですよね。

良い道具で作れば味も変わってきます。良い道具に必要なのは「正しいお手入れ」です。せっかくのアイテムが宝の持ち腐れとならないように、コツをつかんできちんとお手入れしましょう。

全てに共通する基本

忘れてはならないのが「素材に合わせたお手入れをすること」です。

鍋類は鉄、アルミ、ステンレス、ホウロウ、などさまざまな材料で作られています。

その特性を傷つけないお手入れをしないと、調理器具の寿命を縮めてしまいます。

そういう意味では、鍋類は厳選して最小限の数で素材を統一しておいたほうが、お手入れの時悩まずに済みます。

鉄の鍋やフライパンのお手入れは「油をなじませること」が大切です。

最初に使う時は煙が出るほど熱して、油を引きます。ふだんのお手入れも洗剤は使いません。金属製のたわしなどを使って汚れをゴシゴシ落として、よく乾燥させませよう。

濡れたままにしていると錆びてしまいます。錆が出た場合もその部分をゴシゴシあらってください。

テフロン加工

鉄の鍋やフライパンでゴシゴシあらいなれていると、テフロン加工のフライパンも思わずゴシゴシしてしますがゼッタイにダメです。

表面の加工を傷つけてしまい、せっかくの焦げ付かないフライパンがあっといまにコゲコゲフライパンになってしまいます。

テフロン加工は温度変化に弱いので、調理後すぐに冷水をかけるようなこともやめましょう。

空焚きも厳禁です。
使用後は温度が冷めてからやわらかなスポンジでやさしく洗ってください。

アルミニウム

アルミも金属としては柔らかい部類に入るので、金属製のたわしでゴシゴシ洗うのはよくありません。中性洗剤でやさしくあらってください。

ホウロウ

ホウロウは表面がガラス質になっています。
ですから、柔らかいスポンジで洗いましょう。

金属製のたわしでゴシゴシしすぎるとヒビが入る元になります。

ステンレス

ゴシゴシこすれて、洗剤もOKで、丈夫で一番気を使わなくていい素材です。

細かいことを考えるのが面倒な場合、ステンレスの鍋一つと、テフロン加工のフライパン一つにしておくのも良いかもしれません。

どちらも普段は中性洗剤であらい、とくに汚れがきになったときはメラミンスポンジを使うと良いでしょう。

チタンと銅

どちらも持っていると「料理好き」見えるワンランク上のアイテムですが、よりおすすめなのはチタンです。

重さが鉄の半分ほどであるチタンのフライパンは中華鍋サイズでも大変軽く、力の弱い人でも楽々振ることができます。
お手入れも簡単で、ゴシゴシ洗いもOKです。

銅は鉄より熱伝導率が高いのですが、お手入れには注意が必要です。

金属たわしは使えませんし、長時間鍋に料理を入れっぱなしにすることもできません。

見た目にひかれただけでは使いこなせない道具です。

まとめ

お鍋たちも愛着を持つと料理がより一層楽しくなりますし、より一層おいしくなる気もしますよね。寒い冬に厚いお鍋でコトコト煮込んだシチューや、よく熱したフライパンでジューと焼いたお肉、これらは良い調理器具であればこその美味しさ詰まっています。

料理の腕を上げたいなら、いままでより良い調理器具を購入してみましょう。そしてきちんとお手入れして、末永くバディを組んでくださいね。