キャッシュレス生活!メリットと大切な注意点!

お金

レジで小銭をじゃらじゃらさせずに会計をすませるキャッシュレス決済は、ポイントもたまるし、使用履歴も見やすくてメリットがたくさんありますよね。

ただいろいろなキャッシュレス決済があるため「これからはじめよう!」という時に、迷ってしまってなかなか始められない、ということもあるでしょう。

今回はお得になるキャッシュレスのメリットと注意点についてまとめました。

キャッシュレス決済の種類

キャッシュレス決済の種類は以下のものがあります。

・クレジットカード

・電子マネー

・スマホQRコード決済

クレジットカード

クレジットカードはすでに利用者も多く、使い方が分からないということはありませんね。ただクレジットカード自体がたくさんあって、どれを選べばいいか迷うことはあるでしょう。

家の近くに大きな百貨店やスーパー、家電量販店などよく使うお店があるなら、その系列のカードを使えばポイントもたまってお得ですね。

海外旅行によく行く人は旅行傷害保険がついているカードを選ぶなど、付帯サービスを見比べるのも良いでしょう。

 

電子マネー

電子マネーは Suicaなど鉄道の乗り降りでおなじみですね。カードで使ったり、スマートフォンのアプリになっていてスマートフォンをかざすタイプがあります。

支払いはあらかじめ金額を入れておく前払い式とクレジットカードのように使用後に計上される後払い式の2種類があります。

クレジットカードから電子マネーへチャージするときにポイントが付くものもあります。

そして電子マネーを使えば利用料にポイントがつきます。またキャンペーンでポイント還元率が上がったりする期間もあるので、お知らせをよく見ておけば通常より高いポイントをGETすることができます。

 

スマホQRコード決済

ApplepayやLINEapyなどが有名ですね。同じサービスに加入しているスマホ同士でお金をやり取りしたり、お店の支払いに使います。お店で支払う場合は、お店が表示した金額を表示したり、スマホにコードを表示したりして決済します。

注意点1!あれもこれも使わない

現金と違うキャッシュレス決済の一番の魅力はポイントが貯まることです。そのサービスのポイント単体で魅力がなくても、提携しているクレジットカードのポイントに変換できるなどのサービスもあります。
日常生活のすべての支払に1%、2%の支払いがつけば結構な額になりますよね。

ですので、キャッシュレス決済を使うならあれもこれもと種類を増やすのでなく、どれか一つに絞る、もしくは最終的に一つのポイントへ合算できるようにしましょう。

ポイントが分散してなかなか貯まらなければ、お得感も感じられませんし、そのうち使うのを忘れてしまう可能性もあります。

注意点2! 使えるかよく確かめて

注意点1で使うサービスは絞ったほうがいいと書きましたが、クレジットカード以外は、まだまだ「どこでも使える」と言い切れません。
ですので1つのサービスに限ってしまうと、いざ現金の持ち合わせないときに、電子決済もスマホ決済もできない、なんて可能性があります。
日常生活でよく使うお店でどれが使えるか、確認してくださいね。

注意点3!スマホ決済は充電が命

お財布は持って出れば、使わないかぎり使える金額は減りませんが、スマホ決済の場合、充電が切れればとたんに「所持金0円」になります。

街中に充電できるスポットは増えましたが、支払いの前に都合よく現れるなんてことはめったにありません。
スマホ決済に頼る日は、モバイル充電器も忘れずに。

注意点4!知らないと損をするかも

一番気を付けないといけないのは、カードを紛失したときです。

クレジットカードは即時使用停止にできますし、盗まれたことを説明すれば紛失時に使われた分は補償されます。

しかし電子マネーのカードは、盗まれたと思ってすぐに連絡しても「使用停止は翌日から」ということがあり、その日に勝手に使われた分は戻ってこないことがあります。

よく財布を紛失する人はあまり多額のチャージをしないように気をつけましょう。

まとめ

最近はキャッシュレス決済に特化した、小銭入れのないカード入れだけのお財布も登場しています。何種類かのカードとスマートフォンだけで外出できるなら荷物が少なくて助かりますね。