大人が失恋から立ち直る方法5つ!

生活

失恋はいくつになってもつらいモノです。大人になったから、何回も経験したから慣れるということはありません。

そして「今回は大丈夫」が通用しないのも「恋」ですね。

やりがいのある職場で地位も上がって「転職なんて考えられない」状態で、社内恋愛が終わるのも大人ならでは。

若いときは失恋一つで大騒ぎできましたが、大人になるとそうもいきません。

ですから今回は「友達に話す」など、他の人に知られる方法は除外して「失恋から立ち直る方法」をまとめました。

基本は「自分を大切にすること」です。

「自分を大切にして、自分の心の傷が癒える方法」を探してくださいね。

スマホを変える

スマートフォンを機種変更してみましょう。

毎日持ち歩き日に何度となく見ているものなので、スマホが変わるとかなり気分も変わります。

あえてデータを引き継がないという手もあります。

思い出の写真など、新しいほうへ移さず冷静になれる日までタンスの奥にしまっておくと良いでしょう。

大掃除する

引っ越しができればかなりの気分転換になりますが、そこまでできない場合、せめて部屋の模様替えをしましょう。

その際、思い出の品はどんどん捨てていきます。

片づけ中だけは「思い切り泣いていい」と決め、未練もゴミ袋に捨てる気持ちで泣きながら捨てていきましょう。

お部屋も気分もかなりスッキリしますよ。

イメージチェンジをする

「女性は失恋すると髪を切る」と昔からいいますが、あれもイメージチェンジの一つですね。自分の外見を変えるのはかなり気分転換になります。

環境が許すなら髪の色を変えるのもいいでしょう。

ネイル、ピアスなどこれまでやったことのなかったオシャレに挑戦するのも良いでしょう。

新しい自分を発見して、自分で自分に惚れ直してくださいね。

旅行に行く

家を出発するとき「今度家に帰ってくるときは新しい自分」と心の中で唱えてください。

行先はどこでも構いませんが、きれいな風景が見られるところや、ゆったりした時間を過ごせる場所がおすすめです。

同じお宿に2,3泊してのんびりした時間を過ごすのも良いでしょう。

「おひとりさま 癒し 旅」で検索すれば、いいところがたくさん出てきますよ。

ならいごとや勉強をはじめる

いつも好きな人のことを考えていた時間がすっぽり空いたままでは、寂しく感じるのは当然です、すぐに次の好きな人が見つかれば良いですが、そうそう簡単にはいきません。

そこで、無理やり「考えること」を詰め込むのです。

これまで気になっていたお稽古や勉強をはじめましょう。

表彰されるほどの上位成績を狙うのでなければ、何歳であろうと「今さらムリ」なんてことはありません。

まとめ

SNSが普及した現代では、別れた人、自分を振った人のその後の日常生活が覗けてしまうのが、「未練を断ち切れない原因」ともなります。

「風邪をひいた」といえば心配してしまい。「寂しい」という文字を見れば、自分に会いたいという信号かと舞い上がり、気づくと相手のSNS画面から離れられずストーカー予備群となっていきます。

ある程度吹っ切れるまでは、相手のSNSは見ない、どうしても気になる場合は週に一度だけと決める、など、自分でルールを作ってください。でないとあなたの魅力が目減りしていきますよ。