冷凍ご飯を美味しく食べたい!上手な解凍、調理方法5選

料理・レシピ

炊いたごはんは冷蔵しておくより、すぐ冷凍したほうが良いとよく聞きましよね。

だから冷凍してみたものの、うまく解凍できず「あんまり美味しくない……」という経験ありませんか?

解凍って意外にむずかしいですよね。

今回はそんな冷凍ご飯を美味しく食べる方法を集めてみました。ぜひお試しください!

美味しく解凍する

美味しく解凍するための基本は、炊きたてをすぐに冷凍することです。ご飯は炊けてから時間が経てば経つほど味が落ちていくと思ってください。

冷凍するさいは1膳分ずつラップできっちりつつむのが理想です。またそのとき、なるべく平らにしたほうが一気に均等に冷凍されていくので味が保てます。

解凍するときは、電子レンジで温めましょう。自然解凍ではごはんの水分が抜け出てしまいベトベトになってしまいます。

またきっちりつつんだラップのまま電子レンジにいれてもベトベトになってしまうので、お茶碗に移して、ふんわりラップをかけてから温めてください。

途中で様子をみながらほぐしつつ解凍するのがコツです。

冷凍できる期間ですが、大体一か月以内に食べきるようにしましょう。

上手くでるかどうか自信がない場合は、冷凍ご飯を別の料理にしてしまうのがおすすめです。

お茶漬け

別の料理というほどではありませんが、お茶漬けなら解凍に失敗して、多少ムラがあってもベトベトになって香りが飛んでいても大丈夫ですよね。

残ったご飯はお夜食のお茶漬け専用と決めておいて、最初からその分量ずつ冷凍しおくのもいいですね。

リゾット・雑炊

解凍に失敗してベトベト、べちゃべちゃご飯になってしまったときの救世主がリゾットと雑炊です。

お湯を沸かし、残り野菜をいれ、ご飯を投入したら、顆粒のコンソメか和風だし、中華だしをいれて完成です。

入れる野菜も冷凍のミックス・ベジタブルを使えばお鍋一つでできますね。
風邪をひいたときなど「冷凍食品デー」にどうぞ。

オムライス・ドリア

ケチャップで味をつけるため、ごはんが「まあまあベトベト」でもなんとか許せますね。
お店によってパラパラご飯のところもありますが。

冷凍のシーフードミックスを常備しておくと、おいしいドリアが簡単に作れます。

半解凍したらフライパンで一気に炒めましょう。

チャーハン

チャーハンはご飯のパラパラが命です。そういう意味では解凍に失敗したベトベトご飯は不向き。チャーハンを作る際は、解凍時から頑張ってください。

ただチャーハンは冷ご飯のほうがおいしくできるので、半解凍でOK。冷凍から美味しいアツアツ白ご飯を作るよりは簡単かもしれません。

半解凍といってもほぐれやすくなっているくらい、のご飯をフライパンにいれ、水分を飛ばします。

裏技として炒める前に卵液を絡めておく、という方法もあるようです。

まとめ

冷蔵庫に冷凍ご飯を常備しておけば「ご飯を炊くのを忘れた!」というときにも便利ですね。
リゾットやドリア、チャーハンの具を工夫すれば、飽きずに食べ続けられることでしょう。野菜やベーコン、お肉を小分けにして冷凍しておくと使いやすいですよ。