ビルトインコンロの買い替え時っていつ?

生活

最近ガスのつきが悪くなった、グリルのふたが閉じにくくなった、ということはありませんか?そういうときはコンロの買い替え時期です。

また、最近コンロは進化していて、たくさんの機能がついています。キッチンの大きさ的に、あまり大きな電子オーブンレンジは置けない、という場合、電子レンジはあたため専用の小型のものにして、オーブン調理・炊飯をビルトインコンロの機能に任せてしまうという方法もあります。

買い替えどき

ビルトインコンロの寿命は大体10年前後です。

10年たって、火がつきにくい、炎が赤いなどこれまでと違った症状がでてきたときは買い替えといえるでしょう。

10年をすぎたら新しいコンロの情報を探してみてください。すぐに買う予定がなくても10年もたつと新しい機能が搭載されていてお料理が便利になっていることも多いので、カタログを見ているだけでも楽しいです。
そうして目星をつけていれば、いざというとき慌てて買って後から「あっちにすればよかった」と後悔することもありません。

また10年たっていなくても、お手入れが不十分でコンロが目詰まりを起こし、それが固まって素人の掃除ではどうにもならないときもあります。

ガスコンロの不調は火事の原因にもなりますから、少しでもおかしいと感じたときはすぐに専門の業者に相談してください。

機種の選び方

機種の選び方ですが、まずは機能以外のポイントです。

サイズ

ビルトインなので一番大切なのはサイズです。といっても細かなサイズわけがされているのではありません。大抵天板60センチか75センチか、の2つです。

メーカー

家電量販店、リフォーム会社では、リンナイ・ノーリツ・パロマの3社を取り扱っているところが多いようです。

値段

大体工事費込みで20万円超から7万円のあいだといったところです。キッチンの状態で工事費が変わったり、他の要素で高くなることもあります。

もちろん高額なほうが高機能です。

天板とゴトクの素材

天板は昔ながらのホーロー、ガラスコート、ガラストップ、などがあります。
ガラストップコンロはホーローより汚れが取れやすく人気ですが、より高額になります。ゴトクはステンレスとホーローがあります。

ステンレスは明るい銀色が美しいのですが、熱で変色することがありこまめなお手入れが必要です。ホーローは汚れが目立ちにくい反面、長く使用すると表面の塗装がはがれやすくなります。

機能

消し忘れ機能はほとんどのビルトインコンロについています。また昔は左右で火力の違うコンロも多かったのですが、最近では両方とも高火力になる機種が増えています。

ミドルクラス以上になると、タイマー機能がつき、煮過ぎを防ぎます。グリルでもタイマーが使えて焼きすぎをふせげます。

上位機種では、炊飯機能が充実して、ふっくらしたご飯からお粥まで自動で調理してくれます。
グリルをダッチオーブンのように使えるのも上位機種です。

専用のプレートがついて、焼き魚もプレートが焼くことができ、お手入れが簡単になります。

沸騰したら自動で火がとまる「湯沸かし機能」も便利そうですね。

まとめ

中には「麺茹で機能」のある機種もあり、お料理がますます手軽になっています。
最近はさまざまな調理家電が出ていますが、あれもこれもそろえると場所を取って仕方ありません。そこでコンロを高機能にすれば、いくつかの調理器具はいらなくなったり、小さいもので間に合わせることができますよ。