面倒な掃除を楽に!ちょっとしたアイデア5つ!

住まい・家事

掃除は毎日やれば良いと分かっていても、気づくと2,3日経っていたりしませんか? 掃除の間隔はあけばあくほど汚れを取るのが大変になります。

できるだけ小まめに掃除ができるように、掃除がしたくなるコツを5つあつめました。ぜひトライしてみてください。

結露は古いバスタオルで

結露した窓を拭くとき、ポタポタしずくが垂れてこまることはありませんか?
小さな雑巾で端からふいていこうとすると、したたり落ちるしずくに「追い立てられる」ようなことはありませんか?

そういうときは、ガバッとバスタオルで拭いてしまいましょう。
バスタオルなら広範囲を一気にふき取ることができます。少し古くなったバスタオルを結露専用にすると良いでしょう。

サッとふき取るバスケット

着古したTシャツなどは細かく切って、カゴにいれすぐ取り出せる場所においておきましょう。ストキングもおすすめです。

スポンジも小さく切っておくとよいでしょう。

ゴミ箱ごと捨てる

ゴミ箱はどれだけ気を付けていても、汚れてしまいます。ゴミ箱を洗うのが面倒なら、いっそ定期的にゴミ箱を捨てるという方法もあります。

段ボールの箱をゴミ箱に使うのです。お米やビールなど、定期的に買うものがあれば、同じ大きさの箱が手に入りますよね。汚れれば箱を新しくすればいいだけです。

見た目が気になる場合は、100均で売られている包装紙や壁紙などを利用します。

袋にいれて振る

お風呂や、洗面所、キッチンなどの排水溝の受け皿はヌルヌルして気持ち悪いですよね。

また素材がプラスティックの場合、固いものでゴシゴシこすると傷がついてしまってカビが取れにくくなります。

そこで受け皿と漂白剤をビニール袋の中にいれ、バサバサ振ります。そうするとこするよりやさしく、手も汚れず汚れをとることができます。

すき間にテープを貼る

水回り、家具と部屋の壁のすき間など、汚れがつまりそうな場所はあらかじめふさいでしまうと良いでしょう。

マスキングテープは粘着力が弱いのが難点ですが、逆にテープのノリが剥がれないということがありません。汚れやすい場所でこまめに張り替えるのにおすすめです。

水回りならビニールテープにしましょう。
場所によって取れやすいほうがいいが、取れにくいほうがいいか、見極めて選んでください。

まとめ

掃除を楽しくするために、掃除道具にも気を配りましょう。カラフルなほうがやる気がでる、常に新しいものを使いたい、などそれぞれ好みに合わせて、ここはお金をけちらず、存分に好きな道具をそろえてください。

掃除が大好きになるかもしれませんよ。