いつまでも昔の服が捨てられない?ワードローブを見直そう!

ファッション・コスメ

新しい服はなるべく買わないようにしているのに、「たまに買ったら似たようなものが家にあった」「古い服を捨てないからクローゼットがパンパン」「いざというとき着ていく服がない」という状態になっていませんか。

捨てると思えばこそ買うのも上手になるのです。今回は「服を捨てるスキル」をアップして、オシャレになるコツを集めてみました。

捨てるタイミング

最近着ていないと思いながら捨てられない理由は

・いつか着るかも

・高かったから

ということが多いでしょう。

買った時の値段は忘れましょう。世の中ほとんどのものは買ったときから価値は下がっていくものです。クローゼットに長く置いておいたものがずっと同じ値段なわけがありません。

「いつか着るかも」と思ったときは、その「いつ」を具体的に考えてみましょう。
すぐに思いつけばセーフですが、思い浮かばなければ「捨て時」です。

着ているけれど捨てる服

しばらく着ていない服を捨てるというのはよく言われていることなので、チャレンジされがちなのですが、逆に見落とされるのが「なんとなく、ちょいちょい着ている服」です。

流行も過ぎてしまって、かといってベーショックでもないけれど、まあまあ着やすくて、気に入っているわけではないけれど、たまに着るから捨てるに値する「しばらく着ていない」には当てはまらない服はありませんか?
そういうものは整理するときについつい保留してしまい、片づけに疲れたころに「たまに着るから」とクローゼットに戻していませんか?

よく見てください、大抵の服は2,3年たてば着古し感が出てくるものです、愛用していても3年経てば捨てる対象としてよく見てください。
また着たいなら同じようなものを新しく買うのも一案です。

いざというときほどベーシック

気分転換で買った普段着に合わない服、勢い余って買った派手な服、など普段着ない服でも「パーティーなどここぞという時に着るかも」と思う服は、ほとんど「ここぞという時」にも着ません。

「ここぞ」であればあるほど、普段のテイストとは違わないほうが似合います。
好きな色、好きなフォルムで、1ランク2ランク上質なものを選ぶほうが正解の場合が多いからです。

せっかくの「ここぞという時」に慣れない服に「着られて」しまってはもったいないですよ。

一つかったら一つ捨てる

新しい服の置き場所は増やさないことです。新しい服を買った時は古い服を一つ捨てるようにしましょう。

Tシャツやカットソーなどはついつい「部屋着にまわそう」と思ってきづくと「部屋着の方が多い」なってことはありませんか?

部屋着の数も決めて置いて、部屋着にまわしたものがあれば古いものは捨ててくださいね。

まとめ

シーズンごとにクローゼットを見直す日を設定しましょう。

・3年以上たって着古した感のあるもの。

・「今週中に着る」とイメージしてピンとこなかったもの。

を中心に見直すようにしましょう。