100均でおすすめ商品を買い過ぎて貧乏に?注意すべき5つのポイント

お金

みんな大好き100円均一ショップ。もともとは節約するために利用するお店でしたが、最近ではオシャレな商品も増えて今や買い物を楽しむお店ですね。

しかし、あなたもそんな100均ショップで「買い過ぎたー」と後悔したことがあるのではないでしょうか。

安く済むからとポイポイ買い物カゴに放り込んでいるうちに、合計が結構なお値段になったことの一度や二度、三度、四度、ありませんか?

ボタンが取れたので「裁縫道具だけ」、靴ズレしたので「絆創膏だけ」、買うつもりで入ったのにレジで「1,620円です」なんて言われてしまった経験はありませんか?

本来リーズナブルに済ませられる場所で高いお金を払い「100均貧乏」になっては元も子もありませんね。

そこで、このページでは、100均貧乏にならないために注意するべき5つのポイントをお伝えします。この注意するべき5つのポイントをしっかりと記憶し、100均のお店に入ったら思い出してくださいね。そうすることで、あなたは今後、もう100均で不要な買い物をしなくて済むようになりますよ!

 

では、さっそく、100均貧乏にならないために注意するべく5つのポイントについてご紹介していきます。

SNSの情報を鵜呑みにしない

Twitterやinstagramでは日々オシャレな100均アイテムがアップされています。

単に商品を写真に撮っただけのものから、自分で工夫して魅力をバージョンアップさせている人もいます。

そういった情報を鵜呑みにして「これは、みんなが持っている!わたしも買わなきゃ」と思ったり「これを買うとオシャレさん」と思わないように。
自分に合うか、自分が必要としているものか、よく考えて。

必要な商品は1つでも「写真にとるなら色違いを並べたい」「背景にこのアイテムを置きたい」などインスタ映えを意識したり、カメラマン気取りで関連商品を買ってはいけません。買い物カゴが重くなるもとです。

買っておいたら便利かも……は一旦帰ってから考える。

お店で見るとどんな商品も万能アイテムに見えてしまうから不思議ですね。
収納、調理グッズなどは要注意!

ゆで卵の硬さを図るグッズ、アボカドの皮をむくグッズなど、確かにあると便利ですが「使用目的が1種類しかないグッズ」は保管に場所を取るデメリットもよくよく考えてください。           

他のお店のほうが安い・丈夫で長持ちなことも

良く言われることですが飲食物は食料品を販売しているお店のほうが断然安いですし、他店で大安売りする系のもの(サランラップ、ごみ袋など)は100均ショップでは割高になります(少量のみ欲しい場合は割安になることがあるので一概には言えませんが)。

また、工具、ガーデニング用品などは専門店の商品のほうが耐久性の高い場合があります。

手芸雑貨などは少量で売っているので「お試し」にはもってこいですが、本格的にはじめるときは、専門店で求めたほうが安くなるでしょう。

  まとめ買いはほどほどに

「安いときはまとめ買い」が習慣になっている人がいます。
チャンスを逃さないポジティブな姿勢といえますが、それはセールなど期間限定に限った話。

100均ショップはいついっても100均です。

「こんどいつ来られるか分からないから」

「同じ商品が再入荷するか分からないから」

と二つ三つ余分に買っておきたくなる気持ちは分かりますが、その積み重ねが「貧乏のはじまり」です。

何度もリピートしている商品以外、まとめ買いは控えるようにしましょう。

まとめ

おすすめグッズ!と言われるとついつい欲しくなってしまうもの。ましてやそれが1つ100円となればついつい買ってしまいますね。
でもちょっと待って!1つ100円でも7個だと700円、10個だと1,000円。1,000円あれは他のことに使いたい、と思うこともあるはず。

思わぬ買いすぎを防ぐにはレジに並ぶ前に一旦立ち止まってカゴの中を確認することです。
大抵一つ二つ「いらないかも」や「今日買わなくてもいいかも」というものがあるはず。自分ルールで「毎回、3つ戻す」と決めておいてもいいですね。

もちろん商品を戻すときはきちんと「元のあった場所」へ返すようにしてくださいね。