お部屋やキッチン、クローゼットの整理整頓3つのポイント

住まい・家事

整理整頓が上手くなるポイントは

  • モノを増やさない。
  • 元ある場所に直す。
  • 上の二つを無意識にできるようになるまで習慣づける。

です。

この3つを習得できれば、整理整頓の達人になれます。
とはいえ、頭で理解するのは簡単ですが実践するのは難しいですね。それを続けていくのは並大抵なことではありません。

ここでは、整理整頓上手になれる「できるだけ簡単なコツ」をご紹介します。

整理整頓も資格や語学の勉強と同じです。
いきなり合格を目指さず、できることから始めて少しずつステップアップしていきましょう。

掃除をする際「まず掃除・収納グッズを買い」に行かない。

部屋を綺麗にするコツは「モノを捨てること」「モノを増やさないこと」、というのはすでに一般常識といっていいくらい世間に浸透していますが、それでも掃除をする際に「掃除道具を買いに行こう」「収納グッズを買いに行こう」と思ったりしていませんか?
思ったとしたらそれは「整理整頓上手になれない一番の原因」です。

着古した服があれば、雑巾になります。
切る大きさを変えたり棒をつけるなど工夫すれば、家じゅうどこでも拭くことができます。

収納グッズは時として必要ですが、それは掃除が終わってから、いらないものを捨ててから、残ったものの量に合わせて考えるべきなので、収納グッズを先に買うのは間違いです。

 何かをはじめるときに「買う」から始める人は「その何かが下手」な可能性が高いです。
初めに買うと「結果的に要らないもの」を買う率の上がるので、結果としてお金の使い方も上手とはいえなくなります。

掃除を始めるときに買っていいのは、ゴミ袋と洗剤だけです。

入れもの面積を広げてみる。

想像してみてください、直径20センチほどの小さいゴミ箱と、40cmあるゴミ箱とどちらの方がゴミが入れやすいでしょうか?
もちろん大きい方ですね。

少し離れたところからゴミを入れる場合、小さいゴミ箱では、投げ入れても外れてしまいます。面倒くさがり屋は、わざわざ立って外れたゴミを再度ゴミ箱入れなおしたりしません。
外れたまま放置するか、どうせ外れるからと投げることさえせず手元に転がしておくかのどちからがでしょう。

ここで、面倒くさがり屋という自分の性格を嘆いたり、自己嫌悪に陥ってばかりいても事態は好転しません。反省するだけで以降改善できるなら、苦労はしませんね。

ですからここで込み箱の入口の大きさを広げるのです。大きいゴミ箱なら、投げ入れて入る確率も上がります。

 その他、リモコン置き場、アクセサリーいれ、本棚すべての入れ物の大きさを大きくするのです。すると入れやすくなるので、片づける際の抵抗感が下がります。

しかし、部屋の大きさは広げられないのに、入れ物の大きさを大きくすることはできるのでしょうか?

そこで必要なのがやはり「モノを減らすこと」なのです。
いらないモノがなくなれば、いるモノを置くスペースをゆったり取ることができ、物を置きやすくなるので、片づけるのが楽になる、というわけです。

習慣化する

一番難しいのが「出すたび元の場所に戻す」のを習慣づけることですが、はじめからすべての場所をやろうとせず「テレビの前だけ」「流し台だけ」と1カ所ずつからはじめてください。

また、考えすぎてイヤになるくらいなら、決めた一カ所にあったものを別の場所に移すだけ、でもいいです。意味がないような気がしますが、決めた場所がスッキリする光景を目にやきつけて、それに慣れてくれば、自然とキレイできる範囲が広がってきます。

習慣化する際に一番邪魔になる考えは「早く完璧にできるようになりたい」という焦りです。

気長に取り組みましょう。

まとめ

一角ずつでもきれいに片づけることができたら、写真を撮っておくのもおすすめです。

正しい姿を記録しておけば、再度散らかったとき「これはどこに直そう」と悩む必要がありませし、「こんなにキレイにできるんだ」とモチベーションアップにもつながります。