洗濯に美容!掃除で余った重曹の使い方

住まい・家事

雑誌やテレビ、Webサイトで「掃除におすすめ」と話題になっている重曹を、買って少し使ったものの、そのまま台所や洗面所の棚の中に置きっぱなしにしていませんか?
大きな袋で買うと、数回の掃除では使いきれず、そのまま忘れて放置……なんてことになっていませんか?

重曹は消臭・除湿効果があるくらいですから、封をあけてから長時間立つとしけって固まってきます。
もちろん掃除に使う分には問題ありませんが、できれば早めに使い切ってしまいたいですよね。

そこで今回は掃除以外の活用法を集めました。いろんな場面で大活躍する重曹、どうせなら一度開けたら早めに使い切る習慣をつけ、未開封なものをストックするようにしましょう。

入浴剤にする

大さじ1杯~2杯を浴槽にいれます。

重曹は弱アルカリ性なので、弱酸性であるお肌のの表面を中和させ汚れを落とす効果があります。

アルカリ濃度が高くなると肌荒れの原因にもなるので、大さじ2杯程度を守ってくださいね。

うまくクエン酸、コーンスターチと混ぜることができれば人気の「バスボム」をつくることができます。アロマオイルやハーブをまぜてお好みのバスボムづくりにチャレンジしてくださいね。

角質ケア

重曹には研磨効果があるので、かかとやひじなどの角質ケアにも使えます。刺激が強すぎるので顔はやめておいたほうがいいでしょう。

重曹とホホバオイルや馬油など好みのオイルをまぜて、かかとやひじにつけてください。

消臭剤としてつかう

重曹を水に溶かしスプレー容器にいれておけば、お部屋や衣服の消臭に活躍します。

また、残った重曹を放置してしけらせるだけなら、いっそかわいい容器にいれて、消臭剤として、靴箱の中に置いてみてはいかがでしょうか?

水気を吸って固まってしまったとしても、水を足してペーストにしてしまえば換気扇の掃除などに使えます。

うがい薬として

夜うがいをするときに水にいれると、虫歯と口臭の予防によいと言われています。

食事をすると口内は酸性度が強くなり、歯が溶けやすくなります、そこで弱アルカリ性の重曹でうがいすることで中和されるのです。

料理に使う

重曹はベーキングパウダーの原材料でもあります。ですので粉に混ぜると揚げ物の衣がサクサクになったり、ホットケーキがふくらんだりします。

ただ、開封後時間がたったものはあまり膨らまないので新鮮なものを使うようにしてください。また山菜のあく抜きにつかいます。

まとめ

大掃除で余った重曹もこんなに活用方法があれば、使い切れそうですね。

バスボムは専用の作成器具も販売されています。あまりものをオシャレに変身させてリラックスバスタイムを過ごすのも良いですね。

うがいや料理に使う場合は、調理用の重曹を使うようにしてください。