お金が貯まるシンプル簡単節約方法

お金

節約術は世にたくさんありますが「実は、実家から食料の援助を受けていた」「そんな安すぎる食品怖くて買えない」などなど、なかなかマネできないものも多いですね。

そこで今回は誰でもすぐにマネができる節約方法に限って集めてみました。今まで謎の出費に悩んでいたあなたも「やりくりマスター」を目指してくださいね。

ポケットの多い財布を使う

月の生活費を「食費」「日用品費」「娯楽費」など項目ごとに分けて袋にいれて管理する袋分け節約術ですが、挫折する原因の一つが「まず両替えをしなければいけないこと」ですね。

ご主人から万札で生活費を渡される主婦の場合、それを細かくしなければいけません。

そうこうするうちに翌月の生活がはじまってしまい、万札をお財布にいれたまま「あれ?このお金は何だっけ?」となります。また、袋分けしたお金を家においておくと、外出先で「食費から建て替えておこう」となりそれがまた混乱も一因になります。

そこで、袋分けに適したポケットの多い財布をつかい、1万円札が崩れた時点で、各ポケット小分けにします。

そしてそのまま持ち歩くので持って出るのを忘れる心配もありません。「
袋分け 財布」で検索するとたくさんでてきますよ。

クーポンや優待に惑わされない

節約術といえば「株主優待を活用する」「クーポンを使う」なども有名ですが、よほどの「ポイントカード好き」や「株が元々好き」でなければ、得をするために何かを買ったり集めたりする行為はやめましょう。

外食をしようと思って、2番目に行きたいお店のクーポンしかない場合、1番目のお店をあきらめて2番目のお店にいきますか?
まあ2番目なら満足度も高いでしょうが、それが「5番目に行きたいお店」「ほとんど行きたくないお店」だったら?

お金は節約できますが、それを繰り返していては心が貧しくなる一方です。
得をするために「何かを買う」「好きでもないお店に行く」行為は、ストレスが溜まる原因となり、そのストレスを発散するのに、多額のお金が必要になったりします。

残高を毎日確認する。

あまり出し入れしない長期用の貯金口座とは別に、小銭を貯める用の口座をつくります。すぐに引き出せないようにカードと印鑑は別場所に保管します。
そして1000円でも余ったらすぐ入金するようにし、その通帳を毎日見るようにします。

毎日見ているともっと増やしたくなるものです。
そして溜まっているのが楽しみになるころには、こまめに貯金する習慣が身についているでしょう。
できれば日常使うお金が入っている通帳もこまめに記帳し残金を見るようにしましょう。
つねに残金が把握できていると、無駄遣いもへってきます。「夜22時」や「寝る前」など見る時間やタイミングを決めておくと良いでしょう。

食材のまとめ買いは料理好きさんのみ!

食料品のまとめ買いは節約術として推奨されている一方、否定派も少なくありません。
やはり、食料品は「一度にたくさん買って、つかいこなせるか否か」は個人差が大きい問題だからでしょう。

買ってきてすぐに下ごしらえができる人は良いですが、そうでなければ多額の食品を腐らせ、冷蔵庫からゴミ箱へ直行させるだけになってしまいます。

作り置きが大好きで苦にならない人以外は、食材のまとめ買いはほどほどにしたほうが良いかもしれませんね。

まとめ

節約術といっても最後は個人の性格や趣向によって千差万別です。
失敗すれば余計お金を使うことになり損をしてしまいます。自分の性格に照らし合わせて「続けられそう」と思ったものだけ取り入れるようにしましょう。