マインドフルネスっていったい何?その効果と方法

趣味・娯楽

最近よく見かける「マインドフルネス」の文字。
瞑想のことでしょうか?瞑想とは違うのでしょうか?

マインドフルネスとはWikipediaによると「今現在において起こっている経験に注意を向ける心理的な過程であり、瞑想およびその他の訓練を通じて発達させることができる」というものです。

マインドフルネス - Wikipedia

ここではマインドフルネスの取入れ方やその効果について簡単に調べてみました。
さらに詳しく知りたい場合は、最後にあります専門サイトへアクセスしてください。

マインドフルネス実践方法

マインドフルネスの実践方法はいろいろ紹介されています。じっくり取り組むものから「3分でできるマインドフルネス」「1分マインドフルネス」までさまざまです。
端的に言ってしまうと、マインドフルネスの柱となる考えが「今の自分にフォーカスする」なので、「自分の呼吸に意識を集中」できればマインドフルネスできたことになります。

その上で、楽な姿勢で座ったり、呼吸以外の感覚にも意識を向けることができれば直良いでしょう。

マインドフルネスの効果

少しの間でも雑念を払い呼吸を整えることができれば、リラックスにつながるでしょうし、ストレスフルな生活を送っていれば、マインドフルネスの実践でイライラが減ったり、思考力、集中力がアップすることは十分考えられます。

そういう意味では、リラックスする分にはマインドフルネスの効果は期待できますが「免疫力が高まる」「病気が治る」といった肉体の健康に関する方面には期待しない方が良いでしょう。

「病は気から」といいますから、マインドフルネスの実践で心が落ち着くことが、体の健康にマイナスなわけはなく、多少の良い影響を与えることは間違いないしょうが、マインドフルネスによって肉体的な病状がよくなったという医学的証拠はありません。

日常生活への取入れ方

まずは難しく考えずに、一日の中で疲れたとき、休憩時間などに、姿勢を整え、目を閉じて呼吸に意識を集中してみましょう。

リラックスするためのものなので、作法や方法に気を取られては逆効果です。気楽な気持ちでやりましょう。

静かな音楽が流れたり、時間を計ってくれるアプリもあります。
「マインドフルネス アプリ」で検索してください。

 

まとめ、

もっと詳しく知りたい方は

マインドフルネスの学術記事

Google Scholar

 

日本マインドフルネス学会

日本マインドフルネス学会

こちらのサイト等をご覧ください。

またセミナーやイベントも各地で開催されているようなので、興味があれば参加して仲間を増やすのも良いですね。