小腹がすいたら……簡単で太らない夜食を作ろう!

料理・レシピ

夜中にお腹がすくことありますよね。「~どうしてお腹はへるのかな?」と思わず口ずさんでお腹を押さえていまいます。
ひどいときには「お腹がすいて眠れない」なんてこともありますね。

「太るから……」と空腹を我慢して悶々としていても、睡眠時間が減る一方で健康的とはいえません。

そこで今回は、簡単で太らない夜食を集めてみました。
お腹のすいてしまった夜はヘルシーな夜食をささっと作ってささっと食べてぐっすり眠りましょう。

夜食に向く食材をストックしておくと良いですね。

サラダチキン

コンビニやスーパーで見かける、火を通してある鶏肉です。
味はついてるのでそのまま食べても良いですし、パンに乗せたり挟んだりしてもおいしくいただけます。
調理時間がほとんどかからないのがおすすめポイントです。

こんにゃく

こんにゃくがヘルシーでダイエットに最適なのは、誰もが知っていることですが、生のこんにゃくが冷蔵庫にあっても、なかなか夜中に「何かつくろう」とは思えませんね。
ここは、こんにゃくゼリーやこんにゃく麺など、こんにゃく加工食品のほうがよさそうです。

野菜

ずばり「野菜」そのものです。
根菜でも葉物でも、軽く茹でるかレンジでチンして温野菜風にすればすぐに食べられますし、意外に満足感が得られます。
わさび醤油やポン酢だとさっぱりいただけます。
もうすこしパワーが欲しいときは、ごま油をふりかけてもOK。

おにぎり

やっぱり夜食の定番はおにぎりですね。
塩むすびにノリをまくだけなら、時間もかかりません。
冷蔵庫の残り物を具にしてもいいですね。

ちょっと凝ったことをしたいなら焼きおにぎりがおすすめです。
醤油の焦げた匂いが食欲を一層そそることでしょう。

はるさめ

ヘルシー食材の一つ、はるさめ。
スープにいれてもサラダ風にしてもおいしいですね。

カップスープだけではものたりないとき、そこへはるさめをいれるのもおすすめです。
カップスープなら手軽にストックできますから、いざというときの夜食に常備しやすいでしょう。

プレーンヨーグルト

甘いヨーグルトは糖分をはじめいろいろなものが添加されていますが、プレーンヨーグルトならヘルシーでナチュラルです。
全くなにもいれずに食べるのがイヤなら、くだものを足してください。
ドライフルーツなら保存もききますね。

味噌汁

即席味噌汁、フリーズドライ味噌汁と、今やストックフーズの代表です。
ヘルシーで満腹感も得られ、インスタント食品の中でもダントツに種類が多く、誰もが根気よく探せば必ず好みの味に出会えるでしょう。

冬期の夜食は、空腹を満たすだけでなく「身体を温める」効果も期待したいところ、その際味噌汁は最適です。

 

まとめ

外出先で夕食を早く済ませたとき、または会食であまり食べられなかったとき、飲んで帰ってきたときなどなど、夜中に素敵な夜食があるとうれしくなりますね。
お気に入りの夜食をぜひ日ごろから用意しておくとよいでしょう。