穴場シーズン!秋はキャンプに行こう

旅行・観光

キャンプといえば夏が定番、と思っていませんか? これからは秋のキャンプも流行しそうです。人で込み合う前に秋キャプデビューしませんか?

今回は秋キャンプのおすすめポイントをまとめました。ぜひ秋の山で一夜を過ごしてみてください。夏とは違った魅力にあふれていますよ。

秋キャンプの魅力:蚊がいない

夏のキャンプで「いやなこと」のベスト1か2位であると断言してもよさそうなことが「蚊がいる」ですね。虫よけスプレーをしても、蚊取り線香を焚いても、誰かがどこかしら刺されるものです。
また蚊以外の虫、アブやハチも指すのは夏場が中心です。

秋も紅葉が深まる季節になれば蚊、アブ、ハチにさされる可能性も少なくなります。

秋キャンプの魅力:鳴く虫は増える

蚊など人体を刺す虫は減るかわりに、コオロギ、マツムシ、キリギリスなど鳴く虫は増えます。
地域によって虫の多い時期は差がありますが、大体9月から10月が良さそうです。

秋キャンプの魅力:過ごしやすい気温

当然のことですが、夏は暑いし冬は寒いです。秋なら屋外で虫を探したり、月や星を観察するのにもほどよい気温です。
少し肌寒いくらいが、焚火の醍醐味を味わえるというもの。
しっかり防寒具と寝袋をもっておでかけしましょう。

 

秋キャンプの魅力:食欲の秋

暑い季節より涼しい季節のほうがバーベキューもおいしくいただけます。
キャンプ場に着く前に味覚狩りなど楽しんではいかがでしょうか?
サツマイモやしいたけなどとれたてを焼いて食べれば「食の秋」を堪能できます。
栗は下茹でからはじまるので大変ですが、大人数で作業を分担できるなら、栗ご飯もいいですね。

秋キャンプの魅力:紅葉

山が美しいといえばやはり秋ですね。
紅葉の中にテントを張って過ごす時間はかけがえのないものです。
「赤いじゅうたんに映える色」という基準でテントを選んでみてください。
フォトジェニックな光景になりますよ。

秋キャンプ気を付けること

なんといっても一番肝心なのは「温度差」です。
昼と夜とでは気温はずいぶん変わりますし、平地と山中でもかなり変わります。
普段過ごしている服装よりは、しっかり防寒対策をしていきましょう。
寒がりさんは「湯たんぽ」を持っていくとよいでしょう。
お湯をいれるだけで長時間ホカホカしているので、寝ているとき以外でも、重宝します。

 

まとめ

最近は電気の使えるキャンプ場もありますし、温泉施設が近くにあるキャンプ場もあります。
秋の夜長に都会の喧騒をはなれつつ、しかも快適に過ごせるキャンプなんて素敵ですね。