ゴキブリ対策。夏以降も気を抜かないで!

住まい・家事

家の中では絶対に見たくないゴキブリ、その活動が盛んになるのは夏だといわれていますが、秋も気を抜けません。

なぜなら、夏に大繁殖したヤツたちが、広がっていくのが秋で、今まで「ゴキブリなんてでたことない」という家に顔を出し始めるからです。

実際、秋口のドラッグストアではゴキブリ退治製品の棚がスカスカになるところもあります。

今回は家の中のゴキブリ対策についてまとめました。
絶対に一匹も見たくないおうちや、ペットがいるので強い薬は使いなくないおうちなど、それぞれの事情に合わせて対策してください。

普段心がけること

普段心がけることは、

  • 家の中に入れない
  • ゴキブリの住みにくい環境をつくる

の二つです。

家の中に入れないようにするには、ドアや窓を開けっぱなしにしないことはもちろんですが、お子さんがいる家庭などでは「網戸の閉め方が弱く隙間があった」「閉めなさいといってもいつもドア全開」ということは多々ありますね。

また外から人や物に紛れて入ってくることもあるので、2重3重の扉で出入り時のチェックを厳重にでもしないかぎり、「家の中に入ってくる可能性」をゼロにはできません。

そこで、家の中に居つかせない策が必要になります。それには、

  • 餌になるようなものを置かない
  • 特に高温多湿なところはこまめに掃除する

ことが重要です。

台所の生ごみは毎晩袋にいれて処理し、そのまま流しにおかないことはもちろんのこと、ダイニング以外の部屋で「物を食べない」ようにして食べかすを放置しない、こまめに掃除機をかける、など心掛けてください。

キッチンや洗面所、洗濯機のまわりなどは格好の住処になるので、こまめに掃除するようにしましょう。

対策グッズ

普段から注意していてもゴキブリが発生してしまったらすみやかにお引き取りねがいましょう。

ゴキブリ対策商品としては、

  • 直接ふりかけるスプレータイプ
  • 出没しそうな場所に置いておく据え置きタイプ
  • 部屋中一気に薬を巻く燻煙・霧タイプ

などがあります。

もしゴキブリがよく出るおうちなら、半年ごとに燻煙・霧タイプを使用し、普段は据え置きタイプ、いざというときのために、リビングや玄関など複数個所にスプレーを置いておくのが良いでしょう。

使い方の注意事項はそれぞれの商品に書いてありますが、プラス気を付けるなら、スプレーの置き場所です。

「普段あまりゴキブリは見かけない」からと、奥にしまっている場合、いざという時使えません。

特に、他の洗剤やスプレーなどと一緒にしようとすると、シンク下や、洗面台の下、下駄箱など、ゴキブリが出現しやすい場所と重なってしまいます。
「ああ、スプレーを閉まっている扉の前にゴキブリがいる!」なんて事態になってしまい、使いたくても使えません。

ですので、できれば複数個所に分けて、明るく、ジメジメしていない場所を選んで置くようにしましょう。

薬を使わない方法

使用方法を守っていれば、人体に影響はないといわれているゴキブリ関連商品ですが、それでも気分的に使いたくないという家庭もあるでしょう。

その場合は、まず家中の換気と乾燥を絶えず心掛けましょう。
シンク下も押し入れも空っぽのミニマニストであれば掃除もしやすく奥まで光も届き、安心です。

薬は嫌だけれど、押し入れを空っぽにもできない……という場合は、ハーブやアロマオイルなどを使用しましょう。

特にハッカ油はゴキブリ対策に有効だと言われています。
ゴキブリが嫌がって近づいてこないそうです。
ハッカ油はドラッグストアなどで気軽に手に入ります、それを水やエタノールなどで薄め、ゴキブリの出そうなところにスプレーします。

天然ハーブだけを使った商品も出ています。
しかしハーブヤアロマオイルはゴキブリが「嫌がって出てこない」だけで、駆除できるわけではありません。

外注駆除の専門家にまかせる

建物が古く「探しきれない隙間がある」家などの場合、専門業者に任せるのも一案です。

下記の会社は見積もりは無料なうえ、診断もしてくれます。プロが複数回来て対応してくれるので、ゴキブリの根絶には一番良い方法でしょう。

ゴキブリ駆除サービス(家庭用害虫駆除定期サービス

ゴキブリ駆除サービス(家庭用害虫駆除定期サービス)
お掃除用品・お掃除サービスのダスキン【公式サイト】ゴキブリ駆除サービスページ。ターミニックスのゴキブリ駆除サービスは、できる限り薬剤を使用しない、環境にやさしいゴキブリ無料調査です。プロによるゴキブリ駆除サービスとゴキブリ駆除後の定期管理オペレーションサービスでゴキブリのいない快適な環境を守り続けます。

まとめ

雑木林が整備された、建物が壊された、といった事が近所であると、辺りにゴキブリが一斉に広がり、普段は入ってこない家にも入ってくることがあります。
ご近所の様子もよく見ておくと心づもりができてよいでしょう。