スキルがないとクラウドソーシングサイトでお金を稼げない?!

お金

主婦のおこずかい稼ぎや会社員の副業として注目を集め、今やそれだけで生計を立てている人もいるというクラウドソーシングサービス。

ちなみにクラウドソーシングサービスとはライティングやデザイン、プログラミングなど自分の得意な分野の仕事を受注してお金を得ることができるというもので、サービス会社はWeb上で発注者と受注者を結びつけ、お金のやりとりを代行します。

 

SNS上ではがっぽり稼いでいる人が話題になることもありますが、実際のところ、これといって自慢できるスキルのない人はどれくらい稼ぐことができるのでしょうか? 努力していればいつかは専業主婦が離婚して自身の稼ぎだけで生活したり、会社員が退職してフリーランスとして活躍できるようになったりするのでしょうか?

 

今回は「特にこれといったスキルのない人がクラウドソーシングサービスで稼げるのか稼げないのか」検討してみました。

こちらをお読みいただければ、やみくもに始めるよりは効率の良いスタートを切ることができるでしょう。

ぜひ参考にしてくださいね。

サービス会社によって金額は変るか?

これは結論から言うと「さほど変わりません」。

高スキルをウリにしている会社など特殊な場合は多少単価に差があるようですが、一般の人が気軽にはじめられるサービスの場合、単価に大きな差はありません。

また、クライアントも複数の会社を利用している場合が多く、同じ案件をいくつものサイトに出しているので、平均単価は似通っており、「どこのサービスが一番得か悩む時間」を時給に換算したらペイする程度の誤差なので、最初は「操作画面が気に入った」などの理由で登録して良いでしょう。

さまざまな傾向や違いが分かるので、できれば2,3社に登録するのがおすすめです。

スキルがなくてもはじめられるか

金額にこだわらなければはじめられます。

中には「システム開発」や「翻訳」などそれなりのスキルがなければはじめられない案件もありますが、一方で「データ入力」や「店舗の覆面調査」などクラウドソーシングサイトに登録できる程度のデジタルスキルがあれば、問題なく業務を遂行できるお仕事も多くあります。

ただ、単価は当然専門職のほうが高いです。

パートに出るより稼げる?

「データ入力」などの場合、単価表記が1件〇円となっており、時給に換算すると最低賃金を下回る場合があります。

(クラウドソーシングで契約した場合、その会社の労働者でないのため最低賃金は適用されません)特に簡単な作業、人気の作業は単価も低めです。

それでも自宅で作業ができるので、パートの「職場へ行く通勤時間、出かけるための準備時間」なども含め時給に換算しなおすと、在宅のほうが有利になる場合もあります。

特に自宅が田舎で近くにパートを募集している会社やお店が少なければ、パートに出るより稼げることもあるかもしれませんが、探せばそれなりの求人募集がある地域で特にスキルの必要ない仕事をして、パートより稼ぐのは難しいかもしれません。

生活できるほど稼げるようになる?

最初は初心者でもそのうち自立できるほど稼げるようになるでしょうか?
これは本人の努力次第です。

単価の安い仕事で儲け続ければ支払われる金額は増えていきますし、その経験がスキルとなって次々単価の高い仕事を受注できるようになります。

しかし、一朝一夕でできることではありません。

SNS上で「稼いでいるトーク」を展開している人たちをマネして、スキルもないのに単価の高い仕事ばかり応募したり、受注してもすぐに単価アップを要求したり……ということを繰り返していては、クライアントとの信頼関係も築けませんね。

高い目標を掲げることは大切ですが「半年以内に会社を辞める」などムリなスケジューリングは避けたほうがよいでしょう。

まとめ

いきなり生計を立てるのは難しいですがほどほどのおこずかい稼ぎなら十分魅力のあるクラウドソーシングサービス。

好きなことに真面目に取り組んでいれば、思わぬ仕事につながったり、意外に早く独立する機会に恵まれたりもするでしょう。

でも最初から「すぐに生計を立てたい!」と思うのは無謀かも。

とにかく大事なことはネット上の「これで大金稼ぎました」という話を鵜呑みにして、焦ったり、過大で性急な夢を持ったりしないことです。

すぐに稼げなくても決してあなたに能力がないわけではありません。

自分を見失わず、自分のペースでスキルアップを目指してください。