刀剣ブーム! 本物の刀を見よう

趣味・娯楽

今、刀がブームなのをご存知ですか? その昔お侍さんが腰に差していたというアレです。

それが今、大流行しているんです。といっても本物の刀を携帯するわけではありません。歴史的価値のある美術品として興味を持つ人が増え、本物を見るために全国各地へ足を運んでいるのです。

そこで今回は「今知らなければ恥ずかしい、刀剣の基本」をまとめました。お友だちに聞かれたら「刀剣? 知ってるわよ、いまブームなんでしょ?!」と答えてください。そしてぜひ一度本物の刀を見に、美術館や博物館にお出かけくださいね。

刀剣ブームの火付け役

事の発端は「刀剣乱舞」というゲームから。日本の名刀を擬人化し、その男性キャラクターたちをを敵と戦わせるゲームです。アニメ化、コミカライズされ、舞台にもなり、2019年には実写映画化も予定されています。

実在するか、もしくは過去に実際にあったとされる刀剣をモデルとしてキャラクターは作られています。今風なイケメンキャラクターで人気声優が声をあてるとあっては、人気に火がつくのも当然と言えます。

そして実在する刀を見るために、美術館や博物館に多くのファンが訪れ、刀剣関連の書籍も売れているのです。

刀剣の種類

刀と剣はどちらも刃を持つ武器ですが、剣は両刃、刀は片刃の武器を指します。

原材料は鉄です。刃がまっすぐなものが直刀、日本刀の特徴である反りがあるのは湾刀と呼ばれています。2尺以上3尺未満のものは「太刀」、1尺前後の短いものに「脇差」「短刀」などがあります。柄が長いものには「薙刀」「槍」があります。

日本刀剣博物館

刀剣を見るなら常時展示している美術館がおすすめです。

貴重な刀剣を多数保有する美術館です。

特別展や各種イベントが行われていますが、なかでもおすすめは「マナー講座」です。
日本刀を鑑賞する際の基本が学べます。

刀剣博物館

倉敷刀剣美術館

日本刀が多数展示されているほか、イベント等も開催され刀の売買も取り扱っているようです。

倉敷刀剣美術館――日本刀 刀剣を常設展示
刀剣の展示数で国内屈指の倉敷刀剣美術館です。館内では厳選された日本刀の美を堪能して戴けます。電話086-420-0066 日本刀、美術刀剣の販売や無料鑑定・査定をはじめ購入時のご相談にも対応しています。

京都国立博物館

2018年秋には京都国立博物館で『刀剣乱舞 -ONLINE-』とコラボした特別展「京(みやこ)のかたな 匠のわざと雅のこころ」が開催されます。

期間中に展示物の入れ替えがあるためすべての刀剣を見ようとするなら展示スケジュールを確認し複数回足を運ぶ必要があります。

京都国立博物館 | Kyoto National Museum
京都国立博物館の概要と年間の主だった展示企画、イベント等をお伝えしています。

まとめ

少し前は「マンガで歴史に興味を持った」という世代ですが、今は「ゲーム」が主流ですね。入口はどんな形であれ、それで日本の歴史や美術工芸品に目覚め、本物を見て楽しめる知識と教養が身につくのは大変好ましいことですね。

一度本物の刀剣を見に美術館へお出かけしましょう。