仮想通貨とは ビギナーが知っておきたい知識と注意点

お金

仮想通貨は、政府が発行している紙幣や硬貨とは違うので、そういう意味では「お金」ではありませんが、物やサービスと交換できるという意味では「お金」といえます。

今は使い道も限られており、どちらかというと価値の変動を利用し売買するための投資対象的な意味合いが強いですが、ゆくゆくは町中で使える店も増え、普通のお金のようにつかえる日がくるかもしれません。

これだけ話題になれば、経験の一つとして仮想通貨の一つや二つ購入してみたいと思いますよね。
今回は仮想通貨について基本事項をまとめてみました。
「儲けよう」と欲を出すと思わぬ損を招きます。社会勉強のために払っても良いと思える額ではじめてくださいね。

電子マネーと仮想通貨の違い

電子マネーは、普通のお金(日本銀行が発行している通貨・日本円)の情報を電子化したものです。日本円からチャージして使います。
電子マネーで100円のものを買えば100円減り、価格変動はありません。

仮想通貨は日本円ではありません。
仮想通貨は外貨のように変動しています。
使える店舗はまだまだ少数です。

仮想通貨の種類と値段

仮想通貨は1500種以上あり、常に増え続けている状態です。
ビットコイン、リップルなどが有名ですね。
1単位の値段も通貨によってピンキリです。また同じ通貨でも取引所によって値段の変わることもあります。
売買はインターネット上で行います。
安いときに買って高いときにうれば、差額分も受けることができますが、信用できる人気通貨は、変動の幅も小さく大儲けはむずかしいですし、価格が大きく変動するようなマイナー通貨は暴落して一気に価値を失う可能性もあります。

購入するには

まず購入するコインを決めましょう。
コインを決めたら、
そしてその通貨を扱っている取引所にアカウントと口座を作ります。

取引所によって手数料が違いますし、スマホアプリの操作性も違ってくるので、いくつかアカウントを作ってみてから実際に使う口座を決めてもよいでしょう。

口座に日本円を入金すれば売買ができるようになります。
このあたりはインターネットで株やFXを扱ったことがあれば簡単でしょう。

残念ながら取引所は「有名であれば安心」とはいえません。テレビCMを頻繁に出していて問題になった取引所もあります。

リスクを抑えるには

通常の投資と同じで決めた額、範囲以内で売買することと、分散することです。分散は取引所もそうですし通貨もです。

さらに積み立ても可能なので、できるだけ分散を心掛け「少しを少しずつ」購入するようにしましょう。一気に大儲けしようと欲を出さないほうがよいでしょう。

まとめ

投資目的で購入している限りリスクは伴います。
大儲けをしているという話を聞けば挑戦したくなりますが、電子マネーのように携帯端末で利用できる店舗が増え、お金の一種として便利に使えればいいな、という心もちでいたほうが安全と言えます。
仮想通貨との付き合い方はひとそれぞれ、自分の使い方を見つけてくださいね。