時短掃除を目指せ!掃除グッズと洗剤がキモ!

住まい・家事

よほどの掃除好きさんでもないかぎり、掃除は短時間で終わらせたいものですね。
実際短時間で効率よく掃除したほうがキレイになることもあります。

今回は時短を意識した掃除方法をまとめてました。掃除がきらいでも「あっという間に終わってしまう」ならやってみようじゃありませんか!

一部屋ずつより同じ種類ごと

家中まとめて掃除をするのが大変だからと「今日はリビング」「今日は台所」と部屋ごとに少しずつ掃除をする方法もありますが、それより「今日は窓」「今日は床」「今日は壁」「今日はカーテン」と種類ごとに分けた方が効率的です。
なぜなら掃除道具や洗剤が同じだからです。

たとえば窓ガラスなら濡れた新聞紙で拭いたら綺麗になりますが、部屋ごとに掃除するとなると、窓を掃除するたびに新聞紙を出してきて濡らして……を何回も繰り返さなくてはいけません。それなら「今日は窓の日」と決めて一気に新聞紙を濡らして家じゅうの窓ガラスを吹いたほうが早いでしょう。

同じ掃除道具で続けて掃除できる箇所をリストアップしておくと良いでしょう。

サランラップとドライヤー

油汚れは温めると落ちやすくなります。
まずお湯をかけて洗剤を塗布した上から一定時間サランラップで覆っておくと汚れが落ちやすくなります。さらにその上からドライヤーをかけるとさらに温度があかり、短い時間で汚れが浮き上がってきます。

ちょこっと掃除

掃除をする時間を短くするための裏ワザとして「掃除タイム以外の時にちょこちょこと掃除をしてしまう」というものがあります。

小さくきったスポンジをキッチンやお風呂場に常備しておき、使用した際に汚れを取り除きます。着いたばかりの汚れなら落ちやすいです。

こうして少しの汚れもすぐ落とすクセが身につくと、いざ掃除をしようというときに落とすべき汚れは減っている、というわけです。

使い終わった歯ブラシなども常備しておきましょう。

家族で分担

せっかく自分が掃除をする気満々になっていても一緒に住んでいる家族にやる気がなければ掃除ははかどりませんね。

そこで掃除の箇所をリスト化しそれを細かくわけで分担します。
小さい子でもその子なりにできる仕事を紙に書いて「まかせるわ」といって渡せばがんばってくれるでしょう。

全員がスマホを持っているなら業務を共有できるTODOリストアプリをインストールし、どんどん割りふっていきます。
アプリなら開始時間のアラームまで指定できるので便利です。

まとめ

掃除、苦手な人はなかなか習慣づけられないものですが便利な掃除グッズも次々登場しています。

掃除嫌いなら嫌いなりに「少しでも楽をしよう」というアンテナを常に張って、掃除タイムを楽しみましょう。