イマドキのお墓。お墓のいらない人急増中

生活

少子高齢化や家族形態の変化などによりお墓を維持するのが難しくなってきています。

最近では「お彼岸にお墓参りをする」という習慣のない人も増えており、時代的に「お墓の変化期」にさしかかっていると言っても過言ではありません。

ここでは、最近のお墓事情をまとめてみました。これからのお墓は「家」より「個人」です。自分がどのようなお墓に入りたいか、普段から考えておき、その意向を残された人の目に留まりやすいところに明記しておきましょう。

これまでのお墓

家族が先祖代々続く「〇〇家ノ墓」に入るのが一般的だと思われています。これがいわゆる「昔ながらの家墓」ですが、本当はそれほど古くありません。

そもそも国民全員が名字を名乗るようになったのは明治以降のことですし、家単位で墓を作るという習慣が日本各地に広まったのは昭和も戦後のことだと言われています。

家によっては「先祖代々のお墓を守らなければ」と厳しくいいわたされ、結婚、就職、引っ越しも思うようにならない子世代がいるようですが、実はご先祖といってもさかのぼれば、2代、せいぜい3代というところが大半です。

3代以上前、江戸時代の一般庶民は共同墓地に土葬されるのか一般的でした。

たった3代遡れば共同墓地なのだ、と思えば自分の代で散骨や共同墓地を選んでもあまり罪悪感は感じませんね。

その他の埋葬方法

家の墓に入る次に、多くの人が選択しているのが永代供養墓地です。

お寺や墓園などが身内の代わりに供養・管理してくれます。
管理するお寺や墓園によって、またはその料金などのコースによって、一定期間は個別管理、最初から合祀、など管理形態に違いがあります。

また散骨も最近は人気です。散骨は遺骨を粉状にして海や山に巻きます。現代日本では遺体は火葬することが義務付けられており、どれだけ希望しても火葬せず海に流したり、土葬したりすることはできません。海や山に思い入れがあっても散骨は必ず遺灰になってからです。

また、どこに撒いても良いわけではなく、散骨していい場所は決まっています。

樹木葬は遺骨を樹木の根元に埋めるもので、墓石の代わりが樹木になります。樹木葬も個人、家族単位で管理してくれるところや、合祀のところなどさまざまです。個人区分のような形になっているところも基本的に継承を前提としていないので、のちのち引継ぎなどの苦労はありません。

 

また最近は手元供養にも注目が集まっています。これは遺骨を粉やダイヤモンドなどに加工して置物やペンダントなどに加工し、手元で管理する方法です。

まとめ

「こういった埋葬方法がいい」と思っても共同埋葬や樹木葬などは近くにない場合があります。また、あったとしてもイメージと違う場合もあります。

はじめのうちは「絶対これ!」と決めつけず、行ける範囲の霊園に気軽に見学に行くのが良いでしょう。霊園では見学会などさまざまな催しを定期的に開催しています。夫婦で、親子で、将来のことを話し合うきっかけにもなります。