お葬式の費用や方法、最近の葬儀ってどんな風?

生活

昔はそれぞれの地域に決まった葬儀の風習があり、それに沿った葬儀を行うのが一般的でしたが、最近では葬儀のスタイルもさまざまで、生前にきちんと指定しておけば個人個人で好きなお葬式をあげることも可能です。

今回は、どのような葬儀があげられるのか、その主なものを取り上げました。自分のお葬式はどうしたいのか考えたり、家族のお葬式はどうするのか考えを聞く際の参考になさってください。

納得のいく葬儀をあげるためには「縁起でもない」と敬遠せず、家族でじっくり葬儀について話し合うことが肝心です。

葬儀場の見学会なども随時開催されています。それこそ家族が元気で気分の明るいうちに行っておく方か細かい部分にも気がとまって良いというものです。

一般葬

これまでの伝統的なお葬式。大体100万~300万円です。
地域によって違いはありますが、お通夜とお葬式の2日間に分かれ、親戚や友人知人が集まります。

葬儀専門の会場のほかお寺でも取り行われます。
最近は葬儀会社でパック料金などを示しているところが増えてきましたが、昔ながらの風習が残っている土地ですが、言われるがままにうなずいていたら、あとから請求書を見て、思わぬ高額にびっくりした、ということもあるようです。

 

家族葬・密葬

最近は有名人などでも「葬儀は家族葬ですませました」ということも多くなってきました。

親族と故人の望む近しい人だけで取り行うお葬式です。
少人数なので大きな会場がいらず、数十万円程度で済むことが多いです。知らない人がたくさん来るお葬式では落ち着いて見送れない、という遺族にとっては本当に故人との最後の時間を大切にできるお葬式です。

一方で、交際範囲の広い人が亡くなった場合は、後日自宅を訪問する人が絶えず、その対応で、時間もお金も結局たくさんかかってしまい「こんなことなら、盛大なお葬式をして2日間で済ませておく方が良かった」という場合もあります。

自分のお葬式を家族葬にしたいときは、招待したい人をエンディングノートなどに書き加えておきましょう。

密葬はまず家族葬を行い、その後一般の人々を招きます。

一日葬

お通夜をせず、告別式と火葬を一日で済ませます。
故人と喪主が遠く離れたところ住んでいて、火葬と埋葬は故人の住んでいた場所でやるけれど、そこへ喪主が長期間滞在できない、といった場合に取り行われます。

また親族がみな高齢で、二日間の行事に参列するのは体力的に厳しい時にも好まれまれます。

費用は家族葬と同程度です。

直葬

お通夜も告別式も行わず、火葬場までお坊さんにきてもらい、そこでお経をあげてもらいます。その後、火葬を行います。

葬儀にかかる時間が最も短いので、参列者の距離、体調などの関係で、長時間の葬儀を取り行えないときに選ばれる方法です。お坊さんを呼ばず火葬のみ、という場合もあります。費用は10万~20万円です。

お別れの会・自由葬

お葬式は明るくパーティー風にしてほしい、趣味に関係するものを飾りたいなど、故人の強い希望があれば、それにそう形でお葬式をあげることができます。

また一般的な葬儀会場でも、宗教色をなくしたシンプルな内装の会場を取り入れるところが増えています。

葬儀の補助金

自治体によっては、葬儀に補助が出る場合もあります。
また自治体と提携している葬儀社で比較的リーズナブルな価格で葬儀をあげられる地区もあります。
また生活保護を受けている人が亡くなった場合は葬祭扶助を受けれることができます。葬儀代が心配な場合は、一度役所でたずねてみてください。

 

まとめ

人生において最後に位置するイベント「お葬式」ですが、死後希望を主張することはできませんので「お金をかけずに」「家族だけで」など希望は生前からきっちり家族に伝えておきましょう。

また近親者の希望も聞いておきましょう。残念ながら死なない人はいないので、誰もが納得のいくお葬式を迎えられたらいいですね。