はじめてのふるさと納税、限度額を調べておすすめ商品をGET

生活

お酒やお肉、フルーツなど各地域の特産品がもらえるらしい「ふるさと納税」、気になりながらも「税金を自分で納めたことないし……」「確定申告みたいなものでしょう、会社員には関係ないわ」と思っていませんか?

実はふるさと納税は納税でなく寄付なのです。寄付した額が翌年税金から戻ってくるのです。

ですから、会社員、アルバイトで所得税が自動的に引き落とされている人であればだれでもふるさと納税できますし、お得に地方の特産品をもらえます。

今回はふるさと納税のキホンについてまとめました。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ふるさと納税のしくみ

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|よくわかる!ふるさと納税
ふるさと納税で日本を元気に!ふるさと納税の意義や納税制度、ふるさと納税の制度改正についてご案内いたします。

総務省のふるさと納税のページ。

まず自分の生まれ育った地域や、気に入っている地域に寄付をします。最近では欲しい特産品によって寄付する地域を選ぶこともあります。

すると寄付額の2千円を超えた分が所得税と住民税から控除されます。ですので自分の納めた所得税+住民税以上のお金は戻ってきません。その他扶養家族のあるなしなどで限度額は変わります。

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|ふるさと納税のしくみ|税金の控除について
ふるさと納税で日本を元気に!ふるさと納税の意義や納税制度、ふるさと納税の制度改正についてご案内いたします。

こちらに限度額の一覧表があるので確認してください。

結果的に「2000円で各地域の特産品がもらえる」ということになります。

特産品の種類

お米やフルーツなどの農産物、カニやわびなど海産物、肉、加工食品、お酒、調味料、スイーツ、なんでもあります。

また送られてくる時期が、それぞれの地域、商品で決まっているので、うまく割り振れば「毎月何かが送られてくる」という状態を作り出すことも可能です。

当然ながら高価な品は寄付金の額も大きく「一万円~」となりますが、なかには「3千円」「2千円」といった少額でも返礼品をもらえる地域もありますから、細かくチェックしてください。

返礼品検索サイトも複数あるので、そういったところで探すと良いでしょう。

お金の戻り方

自治体に寄付をしたあと、確定申告をします。

確定申告をしない給与所得者に限り、ワンストップ特例の申請書を提出すれば、自動的に返金され、確定申告の必要はありません。

特例の受け方はいたって簡単です。「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項を記入し寄付した自治体に送るだけです。

ワンストップ特例の条件としては「1年間の寄付先が5か所以内であること」というのがあります。ちょくちょく返礼品を受け取りたいからと5か所以上に寄付しているとこの特例が使えませんので気を付けてください。また申請用紙の送付は毎年期限が決められているので送れないように出しましょう。

まとめ

おいしそうなお肉や果物、返礼品のサイトを見ているとあれもこれも目移りしてしますね。もちろん、一時期だけ住んでいた町、好きな人と旅行に行った場所など思い出の地を選んで寄付をするのも素敵です。