墓じまい、改葬とは、代行業やトラブルについて

生活

子ども世代が引っ越して故郷のお墓を管理できないというケースが最近増えています。そこで注目されているのが「改葬」と「墓じまい」です。

あなたがもし親元を離れ暮らしていて、遠くに先祖代々のお墓があるなら、今はまだ親が健在だったとしても、一度お墓をどうするか家族で話し合ったほうが良いでしょう。

余裕のあるうちに対処しておく方が無難です。あとで必要に迫られて慌てて対処すると思わぬミスを招いたり、トラブルのもとになりかねません。

今回は改葬・墓じまいで気を付けるべき点をまとめました。さまざまな選択肢を検討し、自分と自分の家族に合った最善の方法を見つけてください。

改葬

お墓の改葬はいわゆる「お墓の引っ越し」です。お墓を管理する若い世代が、自分のお参りしやすい霊園に先祖代々のお墓を移設します。

お骨だけでなく墓石ごとうつす場合と、墓石は新しく作り直す場合とがあります。新しいお墓の面積や、霊園の決まりになどによりますので、どうしても元の墓石を継続して使いたい場合は注意が必要です。

改葬には埋葬時と同じように自治体の許可証が必要です。

手続きの流れとしては、新しい霊園を決めたら、元の霊園の管理者に埋葬証明書を、新しい霊園の管理者に受入証明書を出してもらい、それらを提出したら霊園のある自治体に改葬許可証を発行してもらえます。それから墓石と遺骨を移動させます。

霊園を運営している寺院などでは、改葬(霊園を出ていく)の際に離壇料を請求するところがあるそうです。あまりにも高額なら問題ですが、数万円程度ならお布施として支払う人がほとんどです。

高額の離壇料を請求されたり、埋葬証明書を出してくれないなどの、トラブルを避けるためには、急な改葬の申し出ではなく、事前の相談を重ねたり、これまでお墓を守ってくれたことに対する感謝の気持ちを伝えるなど、心をこめた対応を心がけましょう。

墓じまい

墓じまいは遠方のお墓を始末し、その後新しいお墓はつくりません。

遺骨は永代供養墓に埋葬するのが一般的です。

親や曾祖母など今生きている家族の記憶に残っている故人はしばらく個人管理、会ったことのないご先祖さまは最初から合祀墓など、分けて埋葬することもできます。

墓じまい代行サービス

あまりに遠方すぎて、もしくは残された家族も高齢のため、などの理由で自分たちで墓じまいをするのが難しい場合、代行サービスに頼むことも検討しましょう。

中には墓じまいに関して親族の意見がまとまらない」という相談に乗ってくれたり、次の埋葬先である永代供養墓を探してくれたりするところもあるようです。

あたらしい埋葬先へはお骨を自分たちで持っていきたい、という場合には、宅配便でお骨が届けられます。

料金はサービス内容によりますが、10万円~30万円くらいが主流です。

遺骨を取り出し墓石を撤去する際は、逐一写真にとってくれる会社もあります。ですので、お墓の近くにいるからと、普段付き合いのない親族や知人に頼んで、遺骨の管理がずさんだったり、墓石の撤去が不十分で霊園からクレームがくるよりは、実績のある代行業者に頼むほうがあとあと面倒がないかもしれません。

ただ悪質な代行業者がいないとは言えないので、値段だけで決めたりせず、実績や評判などをよく確かめましょう。一番良いのは、知人など信用できる人が利用したことのある会社を選ぶことです。

まとめ

改葬・墓じまいでは、お寺や代行業者とのトラブル以上に多いのが親族間のもめごとです。

連絡がとれないからと無断で墓じまいしたら「お墓がない」と大騒ぎになったり、移転先をどこにするかで話がまとまらず、ケンカになってしまったり。

こういったことを回避するためにも、皆が元気で余裕のあるうちから連絡を取り合い、将来について話し合うようにしましょう。