知ってる?高齢ドライバーの免許返納ってどうするの?

生活

事故のニュースが絶えない高齢ドライバーの危険運転、怖いですね。もちろん安全に運転している高齢ドライバーのほうが多いことは百も承知ですが、それでもいつ自分の祖父母や曾祖父母が事故を起こすかもしれない……と思うと気が気ではありませんね。

歳を取るだけが危険要因ではありません、知らず知らずのうちに視力が悪くなっているなど、まだまだ高齢でないと思っていても危険な運転となる可能性は誰にでもあります。

今回は高齢ドライバーについてと免許返納についてまとめました。親族や親しい知人に高齢ドライバーがいるなら一度免許返納について考えてみてください。

高齢ドライバーと事故

高齢ドライバーは増加しています。これは第一次ベビーブーム世代が70代に差し掛かってきたからです。

高齢者は若者と比べると、距離を掴む感覚が衰えてきます。

自分の車と周りの車や障害物との距離、自分の車と前後の車のスピード、などが正しく把握できないのです。

それに加え、アクセル、ブレーキなどの操作の反応がにぶくなります。

視力、聴力とも低下傾向にあるので、周りの状況がとっさに把握しにくくなります。高速道路を逆走するのはほとんどが高齢者ですよね。若者からすると信じられない感覚ですが、高齢者にはありがちな間違いです。

高齢ドライバーと安全意識

誰もが自分の老いを素直に認めたくないものです。また「歳をとること=経験値が重なっていくこと」ととらえ、自分は正しい、自分は間違っていないと思い込む傾向が強くなります。お年寄りが頑固というのはよくきく話ですね。

そのため、事故を起こす気はなくても「自分の安全意識、自分の運転能力」はゆるぎないものと考え、その過信が事故へとつながります。

免許更新時の高齢者講習

70歳以上の免許更新希望者には高齢者講習が義務付けられています。

また75歳以上については認知機能検査も受けなければいけません。

高齢者講習は安全運転に関する講義を受講し、動体視力や夜間視力を測定されます。

ドライブレコーダー等で記録した運転内容を見て、必要なら指導を受けます。

運転免許証の自主返納制度

免許証の自主返納制度を利用した返納者は年々増加しています。
自主返納すると身分証明称として使える経歴証明書がもがえます。

地方自治体によっては電車やバスといった公共機関の乗車券・割引券がもらえたり、タクシーチケットがもらえたりします。

また無料のルートバスや買い物代行、家族へのガソリン割引サービスなどもあります。

自主返納の仕方

詳しくは自治体に確認するのが一番ですが、大抵は警察署や免許センターなど、免許証の更新時に訪れるところで手続きしてもらえるようです。

運転免許証の自主返納をお考えの方へ 〜各種特典のご案内〜 - 高齢運転者支援サイト
全日本指定自動車教習所協会連合会は、自動車運転者教育の健全な発達をはかることによって、交通の安全と社会公共の福祉に寄与することを目的とし、全国47各都道府県指定自動車教習所協会を会員とする全国規模の業界団体です。

各都道府県の自主返納に関するページ一覧

 

まとめ

老いを認めるのはつらいことです。親や祖父母に免許証の返納を求める場合はどれほど近しい間柄であっても「歳なんだから事故おこすわよ」なんて無神経な発言をいきなりしてはいけません。

まずは「身体の調子はどう?」と体調を気遣うトークからはじめることをおすすめします。